2018年11月5日韓国・朝鮮日報は、ソウルで行われる集会やデモの問題点について報じた。
記事によると、ソウル・光化門一帯では最近、集会やデモが増え、近くの住民や商人らが被害を訴えている。ソウル・鍾路区付岩洞のある不動産業者によると、カフェや飲食店約30カ所のうち9カ所が最近店を閉めた。週末の集会とデモ行進が続き、光化門方面から訪れる観光客が半分ほどに減少したためだ。また、孝子洞の住民らも騒音や交通の不便を訴えている。住民200人が大統領府に抗議声明を出すも、「集会の自由があるので、どうすることもできない」との回答があったという。
また記事は、ソウルの集会やデモに関する外国人へのインタビューの様子も伝えている。光化門広場で会ったカナダ人(49)は、反米団体の会員数百人が集会申告場所ではなく米大使館前で警察と対峙する姿を目にして「カナダだったら参加者全員が逮捕されただろう」と話しており、別のフランス人(44)も「フランスもこうした大規模集会は見慣れた光景だが、集会の場所から離れても警察が直ちに鎮圧しないのは不思議」と話したという。
これを受け、韓国のネット上では「公共の場ならいいけど、住宅地はデモを許可すべきじゃない」「自分の味方の集会ならたとえ違法でも法を執行しない」「フランス人の言う通り。集会の自由は最大限保障し、秩序を守らない場合は警察が規制するのが正解」など批判的な声が続出している。
また記事には、3日にソウルで行われたデモで市民らが星条旗を引き裂くパフォーマンスをしている写真が掲載されていることから「同盟国の星条旗は引き裂いてもいいけど、敵国の人民共和国旗は引き裂いちゃ駄目な国。これが文在寅(ムン・ジェイン)大統領が生んだ最悪の積弊の現実」「外国で韓国の国旗の太極旗を引き裂くデモを見たらどう思う?」と指摘する声も。
その他にも「朴槿恵パク・クネ)元大統領の弾劾デモの時は、近くの食堂やコンビニ、屋台などがかなり盛ったのにね」「だから週末には鐘路や慶福宮(キョンボックン)近くには行かない」など、さまざまなコメントが寄せられている。(翻訳・編集/松村)

5日、韓国・朝鮮日報は、ソウルで行われる集会やデモの問題点について報じた。写真は光化門広場。