ラッパー集団の反政府ラップ

タイでは2014年クーデター以来、軍事政権が実権を握っており、現在に至るまでの4年間、選挙が行われることはなかった。その”独裁”ともいえる体制に、反対の意を唱える人は多い。

先日、タイのラッパー達が公開したある「反政府」ラップが話題となっている。

それがこちら。

日本語の字幕もあります。

「自由を謳いながら選ぶ権利のない国」「4年たってもまだ選挙がない国」「首相ですら軍に選んでもらう国」などなど。

この現政権をディスったラップ、「ラテット・クー・ミー」は国内外から評価され、現在(11月8日)までに、3000万回以上再生されている。

ここまで反響が大きくなれば、政府側も何か声明を発表したりするかもしれない…と思っていたところ、なんと声明どころか、政府も対抗してラップを公開したのだ。

政府からの”アンサーソング”

こちらがそのラップタイランド4.0」という題名だ。

内容はもちろん、現在のタイを賞賛するもので、「タイにはたくさんの才能あふれる人がいる」「タイはより発展するしていく」といったフレーズが並んでいる。

タイの現首相も喜んだようで、「こんなラップを聞くことができてうれしい」というコメントを残した。しかし全体の意見としては、内容や音楽性などラップの完成度は「ラテット・クー・ミー」の方に軍配が上げられている

今度はまた市民側が対抗して、ラップを公開するかもしれない。今後の動向に期待だ。

参照元:YOUTUBEFacebookCNNAP

【世紀のラップ対決】タイのラッパーが軍事政権をディスった結果→政府もラップで反撃!