■お庭で、プールで、海で!夏は水遊びがした~い!

【詳細】他の写真はこちら

うだるような暑さの中でも子どもは元気に遊ぶもの。お庭やプールで水遊びをさせるときのメリットや気をつけるポイントをおさえて、元気に遊ばせてあげましょう。
子どもが水遊びするメリットはこんなにあった☆

出典:mamagirl2018夏号

夏になると市民プールや海、庭先で水遊びをしている家族連れをよく見かけますよね。水に浸かるだけでも子どもにとっては楽しくて仕方がない水遊び。水遊びは子どもにとっていいことがたくさんあります。ひとつは熱中症の予防。子どもは体温調整がうまくできないので水遊びで全身を冷やし、清涼感を得ることで熱中症予防ができます。日陰をうまく利用すればより快適に水遊びができるでしょう。もうひとつはバランス感覚が養える点です。水には浮力が存在し、地面に立っているときとは違う感覚でバランスを取ろうとするので、自然とバランス感覚を磨くことができます!はじめての水遊びの場合は浅めのプール浮き輪を使って、水に慣れるところから始めましょう☆また、水面を叩いたり道具を使ったりして遊ぶことで、五感を刺激し好奇心や感受性を育てることもできるので、夏の水遊びは子どもにとって成長するうえで有意義な遊びです。



子どもに水遊びさせるときの注意点は?

出典:mamagirl2018夏号

子どもといっしょに水遊びをするうえで注意したい点をご紹介します。小さいうちは水が苦手で顔にかかることを嫌う子もいるので、その子その子のタイプを見極めながら水遊びをしましょう。無理やり水をかけてしまうと苦手意識がより強調してしまう可能性があるので要注意。また、水深15cm以上の水があると溺れてしまう危険性があるので、必ず大人がそばにいて安全を確保してあげましょう。特に小さい子どもは水に対しての危機感がまだ備わっていないので、注意深く見てあげる必要があります。また、炎天下で影のないプールにいると水中であっても熱中症や脱水症状を引き起こす可能性があるので、こまめな休憩をとるようにしましょう。



まだおむつを愛用中。水遊びをするときのおむつはどうしたらいい?

出典:mamagirl2018夏号

個人差はありますが、3歳くらいまでおむつを使っている子どもはたくさんいます。水遊び中に粗相をしてしまうこともあるでしょう。自宅のプールであれば何とでもなりますが、公共のプールの場合そうも言っていられませんよね。そんなときは水遊び用のおむつを活用しましょう。水遊び用のおむつは、粗相をしてもおむつの外に漏れ出ないのが特徴です。使い切りの紙おむつタイプと繰り返し使えるパンツタイプがあるので、状況によって使い分けると便利でしょう。

■年齢別にみるおすすめの水遊びおもちゃコレクション☆
水遊び用のおもちゃはたくさんのバリエーションがあります。年齢別のおすすめおもちゃをピックアップしたので、参考にしてみてくださいね
・目に移るものすべてが目新しい!新生児期

出典:@ bm.peekaboo0512さん

お風呂プールのお供で定番ランキング上位の“アヒルの浮き人形”は、ハッキリした色合いが特徴。新生児期はメリハリのある色合いのおもちゃがおすすめです。



出典:著者撮影

少し手先が器用になってきたら、“魚すくい”で水遊びをより楽しい時間にしてあげましょう。たくさん浮かべることで水面が明るく楽しい雰囲気になりますよ☆魚を追加したいときはスポンジなどをカットした魚でも代用できるので、いろんな形の魚を作ってみるのもいいかも♡



・なんでもできるようになってくる1歳~

出典:著者撮影

かわいいフォルムとカラーリング子どもおもちゃとして人気の“ゾウさんじょうろ”。自分で水を入れたり出したりができるようになるので、ジョウロ系は小さいうちから遊べるアイテムです。水量が少ないので、水の苦手な子にかけるシャワー代わりにもできますよ!



出典:著者撮影

まだ力加減がわからない時期なので水鉄砲スポンジタイプシンプルな作りのものがおすすめ。筒タイプなら自分で押したり引いたりするだけでいいので1歳児でも簡単に使いこなすことができるでしょう。



・手先が器用になってくる2歳~

出典:100均おもちゃがすごすぎる!子どもが大興奮のコスパ抜群おもちゃ

ピストル型のシャボン玉なら誤ってシャボン液を飲む心配もなく、大量にシャボン玉を作れるのでおすすめです。なんでも自分でやりたくなる時期なので、少し複雑な作りのおもちゃを与えてみるのもいいかもしれませんね。



出典:著者撮影

魚を水中に沈めて魚釣りを楽しめるおもちゃなら、水の中に入らなくても遊べます。水遊びと水遊びの間の休憩タイムでも遊べるのがポイントです。



・いろんな遊び方ができるようになる3歳〜

出典:@ bm.peekaboo0512さん

3歳にもなると自分でいろんな遊び方ができるようになる時期です。大きなプールに行くときは浮き輪やビーチボールがおすすめです。お風呂や簡易プールで遊ぶときは、水を流すと水車が回ったり、水が溜まったりといろんな水の動きが観察できるおもちゃがおすすめ☆

■意外と食いつく?水遊びおもちゃ手作りしてみよう
ペットボトルを使えば市販のおもちゃを買わなくても、簡単に水遊び用のおもちゃを作ることができます。空のペットボトルキャップをしっかりと閉めて、マジックなどで船の絵を描けばあっという間に完成です。ストローを繋げて簡単な水路を作って走らせれば、気分は船長さん☆ほかにも牛乳パックや食器洗いスポンジなどでもおもちゃを作ることができます。市販のものよりも手作りのものに食いつく子どももいるので、ぜひ作ってみてくださいね


■水遊びおもちゃで水遊びをもっとエンジョイさせてあげよう
プールお風呂でバシャバシャするだけでも楽しい水遊びですが、より楽しい時間にしてあげたいなら水遊び用のおもちゃの出番です!2~3歳児向けのおもちゃなら大人もいっしょになって楽しめるものもあるので、家族全員で水遊びを満喫しちゃいましょう☆



100均おもちゃがすごすぎる!子どもが大興奮のコスパ抜群おもちゃ 夏休みはどこにいく?子どもと一緒にいきたい旅行先☆ プールの持ち物、正解は?屋内・屋外・子連れ・デートなどシーン別に紹介 開催日続々決定!2018年の全国の花火大会情報一覧 かけるだけでオシャレにキマる!サングラスで作るオシャレコーデとは?
(mamagirl
掲載:M-ON! Press