弊社は11月12日、独自に分類した「自動車メーカー」を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車メーカー 特許資産規模ランキング」をまとめ、ランキングデータの販売を開始しました。
2017年4月1日から2018年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 トヨタ自動車、2位 本田技研工業、3位 マツダとなりました。

1位のトヨタ自動車の注目度の高い特許には、「四輪駆動車のエンジン出力を、ドライブシャフトを介して前後軸に分配するトランスファーの小型化に関する技術」や「自動車の制動制御」、「自動運転用のナビゲーションシステム」などが挙げられます。

2位の本田技研工業は、「自動車シート」、「無段変速機の制御」、「運転者への触覚情報の提示による注意喚起装置」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。

3位のマツダの注目度の高い特許には、「車体前部構造」、「車両挙動制御」「圧縮着火エンジンの制御」に関する技術などが注目度の高い特許として挙げられます。

そのほか、4位の日産自動車は「ディーゼルエンジンの燃焼室構造」に関する技術が、5位のSUBARUは「アイドリングストップ制御」に関する技術が、注目度の高い特許として挙げられます。

詳細については、ランキングデータ自動車メーカー 特許資産規模ランキング」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2018/11/automobile.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許・技術調査レポートについて>>
https://www.patentresult.co.jp/report/index.html

<<特許分析セミナー情報>>
https://www.patentresult.co.jp/seminar/

<< 本件に関するお問い合せ先 >>
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580、Fax:03-5802-8271
ホームページURLhttps://www.patentresult.co.jp/

<< 会社概要 >>
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階

配信元企業:株式会社パテント・リザルト

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ