中国・天津市に、注文から配膳までの全工程をロボットにより自動化した「ロボットレストラン」がオープンした。

天津にロボットレストランが開店

中国のインターネット通販最大手「京東集団」(ジンドンしゅうだん、本社・北京市)は11月10日、天津市の天津エコシティ内にロボットレストラン「京東X 未来レストラン」(未来餐庁)1号店をオープンした。

面積は400平方メートル100名まで収容可能。料理の注文から会計、調理、配膳、サービスロボットにより自動化し、サービス・品質を標準化した。

同社の発表によると、オーダーから配膳までの全工程でロボットが作業するレストランは、中国初だという。

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

調理や配膳もロボットが担当

注文は、テーブルに設置されたQRコードスマホで読み込み、アプリ上から行う。注文と同時に会計も完了する。

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

調理を行うのは5台の調理ロボット

著名料理人が監修したレシピに基づき中国8大料理40種を調理する。味付けや料理方法がプログラミングされており、いつでも均一の料理を提供できるとしている。

あ

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

できあがった料理は配膳ロボットによって各テーブルへ運ばれる。

ロボットは障害物を回避しながらレストラン内を自動走行。位置推定とマッピングの同時実行によって、最適な配膳ルートを自動で構築する。

あ

出典:JD.com京東日本株式会社プレスリリース

レストランの隣には同日、天津市内で3店舗目となる無人スーパーオープンした。

京東集団は「ロボットレストランと無人スーパー、スマート物流を組み合わせることで消費・物流・飲食業のビッグデータを活用し、スマートコミュニティの構築とスマートシティの実現に貢献していく」としている。

中国・天津に全自動レストラン「未来レストラン」が開店!スマホで注文→調理→配膳までロボット化