薬物(releon8211/ iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

13日、元女優で現在は医療用大麻の普及活動などで知られる高樹沙耶(55)が自身のツイッターを更新。ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)に登場し、話題になっている薬物依存症の女性キャラシャブシャブ子」について、持論を展開した。

 

■シャブ山シャブ子とは

シャブシャブ子は、7日の放送回に登場した薬物依存症の女性キャラ。闇カジノをめぐる話の終盤に登場し、生活安全部の刑事・百田(長谷川公彦)の背後に忍び寄ると、持っていたハンマーで何度も殴りつけて殺害し、その場で絶叫する……という、正直かなりヤバい登場の仕方だった。

半袖、短パンに髪はボサボサという異様な風貌で、手には無数の注射痕のような跡が。続く取調室では「シャブシャブ子です! 17歳です!」と明らかに常軌を逸したテンションで話し、幻覚が見えているのか、目の前の何かを手で払う仕草を何度も見せた。

視聴者に大きなインパクトを与えたこのキャラだったが、ネット上では「誇張されすぎている」「誤解を招く」など、苦言の声も見られていた。

 

■高樹沙耶がシャブ子に言及

このキャラに関し、「『シャブシャブ子』を信じてはいけない」という記事を引用しつつ、「話題なので一言」と切り出した高樹。

ドラマや映画はあくまでフィクションなので誇張を悪として俳優や製作者を責めるのもどうかと思いますが」と制作サイドに理解を示しつつも、「情報番組や”ダメ絶対だめキャンペーン”での大麻についての報道は、病に苦しみ大麻の真実を知った人からしたら大罪だ」と、大麻推進派としての立場から持論を展開。

そして、「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」と綴った。

■困惑するネット民

シャブシャブ子に言及するのかと思いきや、結局は大麻についてのアツい想いを綴った高樹。

この発言に対し、ツイッター上では「覚醒剤と大麻を混同してないか」「リアルな人に言われても」などの声が相次いでいる。

リアルな方に言われましても。。。薬物怖い! 絶対ダメ! と意識づけられれば良いと思う

 

覚醒剤等と混同してませんか? 法律も違うし、法律の成り立ちも

 

・正しい正しくないは別にして、妙な説得力がある

 

・この人はこの話題に触れて欲しくないような…

 

・昔出演していた人が言うのは……うーん……

 

■新たなネーミングも?

また、なかには「シャブシャブ子」にちなんだ新たなネーミングを考えてしまった人も。

・麻山麻子

 

・大麻山大麻子がなんか言ってる、、、

 

・お前はマリ山ファナ子とかシャブ樹シャ耶とかのレスが多くてビビったわ

 

■違法薬物に興味がある人の割合は…

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,348名を対象に、「違法薬物」についての調査を実施。その結果、全体のおよそ1割の人が、「違法薬物を一瞬でも試したいと思ったことがある」と回答していた。

違法薬物1

周知の事実だが、日本では覚醒剤も大麻も禁止されている。使用はもちろんのこと、所持、売買などにも関わらず、法律に触れて逮捕されることがないようにしよう。

・合わせて読みたい→逮捕された高樹沙耶のTwitterが「大麻のことしか書いてない」と話題に

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年2月19日2016年2月22日
対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

高樹沙耶が「シャブ山シャブ子」に言及 「触れてほしくなかった」「説得力が違う」と物議