任期満了に伴う明和町長選(三重県)は13日告示され、いずれも無所属の新人で、無職の世古口哲哉氏(51)、民泊業の西井一博氏(72)、農業の田辺泰宏氏(79)、農業の中谷英樹氏(59)、農業の辻井成人氏(61)の5人が立候補しました。

明和町長選挙(2018年11月18日投票)候補者一覧

 前回(2014年)の同町長選は、現職の中井幸充氏(66)、新人で農業の田辺泰宏氏(75)の無所属2人が立候補。中井氏が8654票を獲得して、当選しました(党派と年齢は選挙時)。投票率は63.33%でした。

 また同日には任期満了に伴う町議選も告示され、定数14に対し16人が立候補、現職12人、新人3人、元職1人の戦いとなりました。党派別では、公明1、共産1、無所属14で、女性候補は4人です。

 いずれも投票は18日で、即日開票されます。8日現在の選挙人名簿登録者数1万9287人です(明和町選挙管理委員会調べ)。

※写真はイメージです