伊原六花

圧巻のパフォマンス「バブリーダンス」で注目を集めた登美丘高校ダンス部の元キャプテンであり、現在は女優として活動している伊原六花が、「2019年カレンダー」をリリース

作品の見所を聞くべく、しらべぇ取材班はリリース記念イベントに訪れた。

 

■いつもと異なる魅力

本作について「写真集とはまた違った季節感だったりメイクをしてもらって」と、いつもとは違う自分を意識して撮影に臨んだのだとか。

伊原六花

そのため、仕上がりとしても「12月とかは今までしたことがないようなドレッシーなメイクをしたので、出来上がりを見たときすごく嬉しかったです」と微笑む。

 

■ダンスでストレス解消

伊原六花

イベントにはワンピース姿で現れたため見ることはできないが、チャームポイントダンスで鍛えられた腹筋なんだとか。

「作品では腹筋は見える?」と質問が飛ぶと「見えてないですね(笑)」と即答。維持のために鍛えているのか尋ねると「私のストレス解消法は踊ることなので」と鍛えるというより自然とキープされているようだ。

■今までの活動での思い出は…

今年に入り、本格的な芸能活動を開始した彼女。

伊原六花

様々な人と出会い、多くの経験をしたことで「ほぼ180度変わったんですけど…」と大きく変化があったことを明かし、「こういうふうにしていきたいなと言うのが考えれるようになった」と話す。

中でも、楽しかった活動を尋ねると、初のドラマ出演作である『チア☆ダン』(TBS系)を挙げる。「今でも休みの日にどっかにでかけたりするような人たちに出会えた」とプライベートでも交流を続けているらしく、よほどアットホームな現場だったことが伺える。

 

■今年の漢字は…

伊原六花

仕事へ真摯な態度で向き合っている彼女、プライベートで挑戦したいことを聞くと「バンジージャンプとかしたくて…(笑)」と恥ずかしそうに話す。続けて、「スカイダイビング」「登山」も挙げるあたり、アクティブな行動を求めているのかも。

最後に今年の漢字を尋ねてみたところ「変」をチョイス。来年も彼女にとって「いい変化」がある年になることを期待したい。

・合わせて読みたい→GカップからIカップに成長した巨乳グラドル・岸明日香 「さかなクンに会いたい!」

(文/しらべぇ編集部・ステさん

伊原六花、初のカレンダー発売にあふれる笑顔 芸能活動で「180度変わった」と明かす