ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
スペイン映画祭で旭日旗のようなデザイン
・韓国が激怒し抗議
・旗からウェブサイトまでデザインを修正

スペイン映画祭

第28回スペイン映画祭が11月14日~22日まで開催される。

スペイン映画祭ではポスターや広報パネルに日本の旭日旗と思われるものが使用され、韓国が激怒。

また街中にも旭日旗のような旗が飾られ、招き猫が描かれていることから日本を意識している物と思われる。街の至る所に旭日旗のような旗が飾られており韓国が抗議。

スペイン映画祭主催側はこれを謝罪し、ポスターを修正し旭日旗を取り除いたデザインに変更。

旗だけで無くウェブサイト旭日旗が取り除かれてしまった。ただ今回騒動になっているポスターウェブサイトは日本の旭日旗というよりも中国の旭日に近いのではないだろうか。
毛沢東が描かれてる中国共産党プロパガンダスターに、日本の招き猫を合わせてアジアイメージしたものと思われる。

旭日旗を巡っては過去にズワイガニが旭日旗に見える、市役所が旭日旗に見えるなど数々の抗議もあった。

関連:韓国の市役所の天井が旭日旗に見える! 韓国で騒動に

スペイン映画祭

スペイン映画祭

スペイン映画祭

スペイン映画祭

中国の旭日