カナダを本拠とする生命保険会社、マニュライフ生命保険株式会社取締役代表執行役社長兼CEO:吉住公一郎、本社:東京都新宿区、以下「マニュライフ生命」)は、「子どもの療養環境支援プロジェクト」の一環として、小児医療施設で療養中の子どもたちのためのプレイルーム「マニュライフわくわくるーむ」の設置と、「子どもの療養環境向上アイデア」への助成を行っています。このたび、2018年の募集・選考を行なった結果、「マニュライフわくわくるーむ」を島根大学医学部附属病院(島根県出雲市)に2019年に設置することを決定いたしました。「子どもの療養環境向上アイデア」に関しては、関西医科大学附属病院(大阪府枚方市)、訪問看護ステーション 虹とり(愛知県大府市)、横浜市立大学附属病院(神奈川県横浜市)の3施設を支援先として選出しました。
「マニュライフわくわくるーむ」の設置は2007年より開始し、これまでに15ヵ所の設置実績があります。
子どもたちが受ける、治療によるストレスを軽減するためには、家庭を思い起こさせるようなリラックスできる空間作りや、他の子どもたちとの関わり合いの中で社会性を育む機会の提供など、療養環境の充実が不可欠です。マニュライフ生命は、わくわくるーむの設計、内装、家具、おもちゃ等のほか運営面も含めて、細部に至るまで専門家の意見が反映されたプレイルーム作りを支援しています。
16ヵ所目の「マニュライフわくわくるーむ」寄贈先として選出された島根大学医学部附属病院は、島根県唯一の特定機能病院*1であり、山陰地方の子どもの外科疾患を集学的に診療できる病院*2です。がん治療を中心とした思春期・若年成人世代の診療も積極的に行なっています。既存のプレイルームは食堂と併設され、食事制限のある患者に対する配慮が難しい状況です。また、乳幼児から若年成人までの世代が同じプレイルームで過ごす中、今回、食堂との分離、幅広い世代が年齢に合わせて多目的で心地よく過ごせる空間づくりを、「マニュライフわくわくるーむ」を設置することにより実現したいという強い希望に応え、2018年の寄贈先として決定しました。開設は2019年を予定しています。

*1 高度先端医療の提供・開発・研修などに対応できる病院として厚生労働大臣が承認した病院
*2 がん治療における外科療法、化学療法、放射線療法、免疫療法等を組み合せて行う治療

2018年10月に開所した大阪急性期・総合医療センター (大阪府)の「マニュライフわくわくるーむ」

また、全国の小児医療施設から寄せられた「子どもの療養環境向上アイデア」募集の結果、新たに3施設が支援先として選出されました。この取り組みは2005年より開始し、これまでに延べ89件の支援を行っています。2018年の支援先とその内容に関する詳細は別紙をご参照ください。

マニュライフ生命は、今後も子どもたちの療養環境改善の支援に積極的に取り組んでまいります。

マニュライフ生命の子どもの療養環境改善活動について
「マニュライフわくわくるーむ」の寄贈および「子どもの療養環境向上アイデア」への助成は、マニュライフ生命が特定非営利活動法人「子ども健康フォーラム」とともに継続的に行なっている活動です。2015年には子どもの健全な成育環境の向上への寄与が認められ、「こども環境学会賞活動奨励賞」を受賞しています。
2018年「マニュライフわくわくるーむ」寄贈先
2018年「マニュライフ生命子どもの療養環境向上アイデア」支援先 (五十音順)
参考:「マニュライフわくわくるーむ」設置実績(2018年11月現在)

特定非営利活動法人「子ども健康フォーラム」について
子ども健康フォーラム」は、未来のある子ども達に、その胸に夢と希望がもてるような環境を整えることが必要不可欠であるという考えを持っています。日本有数の先進的小児保健医療施設である「あいち小児保健医療総合センター」(愛知県大府市)をはじめとする小児医療諸施設の装飾支援、プレイルーム支援、子どもの健康に関する施設でのイベント開催支援等を行っています。病児やその家族が癒され、勇気をもって治療を受けられる手助けとなる病院の環境づくりは、高い社会的評価を受けています(ホームページ http://www.npo-cln.com/)。

マニュライフ生命について
マニュライフ生命は、130年の歴史を持ち、カナダを本拠とする大手金融サービスグループ、マニュライフファイナンシャルコーポレーション(マニュライフ)のグループ企業です。プランライト・アドバイザー(自社営業職員)、金融機関、代理店の3つの販売チャネルを通じて、法人ならびに個人のお客さまへ、先進的な商品と質の高いサービスを提供しています。ブランドスローガン「今日を生きる。明日をひらく。」のもと、お客さまが自ら健康で豊かな未来を切りひらいていくためのサポートをしています。詳細はホームページwww.manulife.co.jp)をご覧ください。公式フェイスブックページhttps://www.facebook.com/Life2.0.ManulifeJapan)、Twitterページhttps://twitter.com/ManulifeJapan)でも情報発信しています。

配信元企業:マニュライフ生命保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ