ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
・中国の五つ星ホテルに問題が?
・従業員が前の客のタオルカップを拭いていた?
・暴露した人物が話題に

前の客のタオル

中国の五つ星ホテルにて従業員がとんでもないことをしていたと騒動になっている。

華中(Huazong)というペンネームで活動している男性は「今までに147個の五つ星高級ホテル2000日を超える期間を滞在してきた」という。その中で、彼は高級ホテルの実態を暴くために密かに撮影した動画を公開。それがたちまち話題になっている。

最初に映っているのは北京にあるコンラッドホテルで一泊が1800元(約2万9000円)のそこそこ高級なホテル。このホテルの従業員は同じモップコーヒーカップや鏡トイレを磨いていた。

北京のパークハイアットシェラトン、ブルガリホテルリッツカールトンも同様で、スタッフシャンプーコーヒーカップを洗い、ゴミ箱に捨てられた使い捨てカップカバーリサイクルするなど、衛生状態に問題があることが分かった。

ホテルの不衛生さを暴露した華中は「外出後ホテルに戻ってきた従業員が、すでに使用したバスタオルコップを磨いている様子を目撃した。隠しカメラで有名ホテル30カ所の映像を撮影し、このうち画質が鮮明な14箇所だけ公開した」と述べた。また、「公開していないところまで含めると、ほぼすべてのホテル衛生に問題がある」と述べた。

今回指摘されたホテル側は真偽の把握のために、独自の調査を進めている。北京観光局はまた、調査員を派遣したと発表した。