MLB公式サイトが「フィットする3つの球団」を選出

 メジャー屈指の右腕、ダイヤモンドバックスザック・グリンキー投手に、トレードの噂が浮上している。複数の米メディアがトレードの可能性を指摘する中で、MLB公式サイトでは「グリンキーが完璧にフィットする3つの球団」と題した特集記事を掲載。アストロズヤンキース、そして2018年ア・リーグ新人王に輝いた大谷翔平が所属するエンゼルスの名前を挙げた。

 グリンキーはダイヤモンドバックス2021年まで契約を残しており、残り3シーズンの年俸総額は1億450万ドル(約117億8900万円)に及ぶとされる。今オフのフリーエージェント(FA)市場には、同じダイヤモンドバックスパトリック・コービン、アストロズのダラス・カイケルという左腕の好投手が出ているが、2人ともクオリファイングオファーを蹴ってFAになっており、獲得するとその球団はドラフト上位指名権を失うリスクを伴う。左右の違いはあれど、もしグリンキーをトレードで獲得できるなら、リスクの少ない補強が可能だと記事では指摘している。

 35歳のグリンキーは今季、207回2/3を投げ15勝11敗、防御率3.21、199奪三振の成績をマークし、メジャー通算でも187勝、防御率3.39、2435奪三振という堂々たる記録。記事では、球界屈指の右腕のトレード先として、アストロズヤンキース、そしてエンゼルスを“オススメ”した。

 この3球団の中でも、エンゼルスは「ダークホース」という扱いで登場している。先発投手陣に故障者が続出していることから、1年を通して活躍でき、勝ち星の計算が立つ先発投手の補強は急務だと指摘。エース格のリチャーズはFAになる上、靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、来季の復帰は難しい。そして、大谷も同じ手術を受けており、来季は投手としてマウンドに上がることはできない。

トラウト在籍中に世界一を狙うなら…

 さらにチームの支柱であるマイク・トラウトとの契約は、現状では2020年終了後に満了となる。「トラウトの契約が残り2年と迫る中、エンゼルスプレーオフ出場のチャンスを逃したくない」と記事では指摘。トラウトが在籍する間に世界一を目指すためにも、グリンキーの獲得は大いに検討の余地があるとしている。

 セベリーノ、田中将大に続く先発の補強に動くと見られているヤンキースは、コービンやカイケルの獲得に興味を示しているが、グリンキーがフィットする可能性も十分ある。コービンはここ6年で2桁勝利は3度だけで、カイケルは低めに変化球を集めてゴロを打たせるタイプだが、三塁は守備に不安を残すアンドゥハーが守り、遊撃の名手グレゴリアスはトミー・ジョン手術を受けて開幕に間に合わず。内野守備が心許ないヤンキースには、奪三振率25.2のグリンキーの方がフィットするという。

 一方のアストロズは、カイケルとチャーリーモートンの主力2投手がFAとなり、他球団移籍となれば先発陣に不安が生じる。また、ランス・マッカラーズJr.もトミー・ジョン手術を受け、バーランダー、コール以外は先発投手陣のメドが立たず、先発強化は急務だ。記事では、データ解析が得意なアストロズに移籍すれば、グリンキーもさらなる好成績が期待できるのではないかとしている。

 今季ナ・リーグ西地区で大健闘したダイヤモンドバックスプレーオフ進出を果たすためには、グリンキーの存在は欠かせない。本当にグリンキーがトレードに出されるのか否かも含め、ダイヤモンドバックスの動きに注目が集まる。(Full-Count編集部)

トレードの噂が浮上しているDバックスのザック・グリンキー【写真:Getty Images】