今年は暖冬〜!と予報されていますが、気がつけば、喉が痛い……。まわりには、かぜを引きかけの人も……。今年こそ、かぜひいた➡薬飲んだ➡熱下がった➡また熱が出た……負のスパイラルに巻き込まれず過ごしたい!「かぜ薬飲めばいいや」では、治るものも治りませんから。

宇多川久美子先生のお薬診断から、喉、かぜ、インフルエンザ情報をおさらいしましょう。

熱は出ないが喉が痛い人が増加中。どうして?どうすればいい?

熱は出なくても「立派なかぜですから休養がいちばん」と宇多川先生。

人それぞれ、疲れが出ると症状が悪化する弱点をもっています。たとえば、疲れがたまると口内炎ができたり、寝不足だとアトピーが出やすくなったり。もともと喉が弱い人は疲れがたまると喉に炎症が出やすいのかもしれませんね。

でも喉の痛みが長引く場合、とりあえず炎症は抑えたいもの。どんな薬がいいのでしょうか?喉スプレーの効果は?喉の痛みを予防するにはどうしたらいいでしょうか?

【その薬、本当に必要?】熱は出ないが喉の痛みが取れません……そんな人におすすめの薬は?

【その薬、本当に必要?】「熱はないけど喉が痛い」対処法まとめ!

お薬を飲みつづけるより、おすすめは飴ちゃんのど飴もたくさん市販されていますし、お財布にもやさしいですよね。では、どんな飴が有効なのでしょうか?のど飴の薬効成分って何なのでしょうか?

【その薬、本当に必要?】ドラッグストアで売ってるのど飴は、他の飴とどう違う?

たくさんありすぎる「かぜ薬」。けっきょくどう選べばいいの? 

かぜ薬には解熱剤が入っているので、飲めばまず熱は下がります。しかし、熱を下げてしまうことで本来持っている免疫力が発揮できず、自分自身でウイルスを退治する機会を奪うことにもなると宇多川先生は注意をうながしています。熱っぽい、かぜっぽいからといってすぐにかぜ薬を飲む習慣は、気をつけたほうがよさそうです。

では、どんなとき、どんな薬を選ぶといいのでしょうか?そもそもかぜ薬ってどんな薬なのでしょうか? 

【その薬、本当に必要?】かぜ薬「鼻用」「のど用」「熱用」は何が違うのですか?

そして何より、かぜにかからないことが大事ですよね。かぜ予防には「うがい、手洗い、マスク」が推奨されていますが、これらに効果があるのでしょうか?本当に有効なかぜ予防策とは? うがい薬もいろいろ市販されていますが、有効な使い方は?

【その薬、本当に必要?】「ポビドンヨードでうがい」しても、かぜ予防できない明白な理由

インフルエンザに予防策はあるのでしょうか?

日本ではインフルエンザは大病のように思われていますが、実はかぜの一種なので「基本的に安静にしていれば治ります」と宇多川先生。では、かぜ薬を飲んでいいのかでしょうか?また、タミフルなどのインフルエンザ薬は、罹患後「48時間以内が有効」ということですが、罹ってから何時間経ったのか、自分ではよくわからないこともあるし、病院に行ったほうがいいのかどうか、判断に迷うこともありますね。

まず、インフルエンザについて正しい知識を身につけましょう。かぜとインフルエンザ、何が違うのでしょうか。とりあえずかぜ薬、飲んでもいいのでしょうか?

【その薬、本当に必要?】インフルエンザかな?と思ったら何を飲めばいい? 

今年からインフルエンザの新しい薬「ゾフルーザ」が保険適用されるようになりました。画期的な薬!という声もありますが、どんなお薬なんでしょうか?

【その薬、本当に必要?】新インフルエンザ薬「ゾフルーザ」について、今から知っておいてほしいこと

 最後にワクチンについて。インフルエンザワクチンは本当に効果があるのでしょうか?ワクチンを打って罹らないのならいいのですが、もし毎年打っているけどよく罹る……という場合、ちょっと見直してみてはいかがでしょうか。

【その薬、本当に必要?】インフルエンザワクチン、打ったのに罹るのはなぜ!?

☆☆☆

以上、喉の痛み、かぜ、インフルエンザの対策をまとめてみました。お薬に頼る前の対策にお役立てください。

今年もかぜの季節がやってきました。かぜっぽいと思ったら、早く帰って良く休みましょう。

賢人のまとめ

喉の痛みもインフルエンザも、かぜのひとつ。安静にして、自分の免疫力を上げることが根本的な治療策です。薬はどうしても必要な時だけ使いましょう。そのほうが効き目もありますよ。

プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。

 
関連画像