今回紹介するのは、ためにならないさんが投稿した『ビーダマンの命中率を極限まで高める動画』という動画です。再生数は8万回を超え、「作ってみたカテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ動画説明文より)

特に書くことない

 これぞ、努力の方向音痴ビーダマンの命中率を極限まで高めるために、1メートルの超超超ロングバレルを制作。これは最強と思いきや、ルールという壁に完膚なきまでにたたきのめされてしまいました。

 ビーダマンとは、旧タカラ(現タカラトミー)が1993年に発売したビー玉を発射する玩具です。動画で紹介しているビーダマンの本体はボンバーマン型。おなかにビー玉をつめて、発射させて遊びます。

 初期ビーダマンスーパーカスタムパーツ、“ロングバレル”を持ち出します。このロングバレルを「装着することで直進安定性が向上し、狙い撃ちの精度が向上します。」と言いながら、何度も発射しますが、まったく的に当たりません。悲しい。

 そこで、動画投稿者は気づいてしまいます。バレルの長さが、まだまだ足りないということに。

 自分に必要なコントロール性能を見極め、長さ1メートルロングバレルを制作しました。名前は「メタルパイプバレルNS」。NSは長すぎという意味だそうです。コントロール以外のすべてを捨てた超特化フォルム。マジで長すぎです。

 どのくらい長すぎるかというと、ビーダマンを構えると、銃口が的の手前1センチほどに来るレベル。発射すると、パイプ内を転がるビー玉の音がカシューーーと聞こえて、的の目の前に到着。確実に敵をとらえました。圧倒的勝利に動画投稿者もご満悦です。

 この改造、なんとルール上問題ないそうです。1998年の公式ルールでも「外観がビーダマンであることを確認できれば、改造・塗装・シール貼付等は自由」とあります。

 ところが、ルールをよく読んでみると、ビーダマン本体はスタートラインから越えてはいけないことがわかります。さらに、“バレルも本体と見なされます”との文字が…。

 ルールにのっとった方法で発射します。バレルも含めてスタートラインを越えないように設置します。

 発射!

 発射から7秒後、ビー玉はバレルの先から、ぽとりと力なく吐き出されました。的に向かっていく気力はいくばくも感じられません。コメントでは「残尿感」と表現されてしまいました。ニコニコ挫折部の発想が敗北した瞬間でした。

視聴者コメント

サムネでもう草
残☆尿☆感
ジジイの小便
これはひどい
はらいてえw

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます

ビーダマンの命中率を極限まで高める動画

―あわせて読みたい―

時速20km超え!? ビーダマンを魔改造する猛者現る――超速&超連射ショットがロマンあふれる「これぞ夢見たビーダマン」

驚異の高速回転! ベイブレードバーストにヘリ用超小型モーターを搭載してみた!