参照:マウナロアMMJ オンラインショップ

海外旅行のとき、パスポートは何に入れておきますか?
ハワイ好きなあなたなら、ハワイらしいケースに入れてみてはいかがでしょうか。
パスポートケースは、同じくらいの大きさの母子手帳や通帳のケースにもなります。

ママにとって母子手帳は毎日大切に持ち歩くものですし、通帳もきちんと保管しないといけないもの。
お気に入りのハワイらしいケースを使うことで、毎日ハワイ気分を味わえそうですね。
今回は、ハワイらしいケースを見つける方法をお教えします♪


ネットで探すのがいちばん簡単!




日本にいながらハワイアンな雑貨を購入したいとき、いちばんお手軽な方法はネットショッピング。
ハワイ パスポートケース」「ハワイ 母子手帳ケース」で検索をすると、数えきれないほどヒットするでしょう。
また、「ハワイ マルチケース」で検索すれば、パスポートや母子手帳にこだわらず、通帳、ミニノートなども収納できるようなケースを見つけられます。

気を付けたいのが、パスポートケースを選ぶとき。
パスポートは大切にカバーをして保管したいところですが、出入国手続きの際はカバーを外さなくてはいけません。
きちんとカバーをかけていても、審査のときにあわててカバーを外してパスポートを傷めてしまうこともありますし、とても面倒です。
ブックカバーのようなものではなく、取り出しやすいポーチのようなケースにすることをおすすめします。

実際に私が利用しているサイトをご紹介します♪

lani* natural style

quilt Lanai

minne


手に取って選ぶならハワイアン雑貨店へ♪



参照:マウナロアMMJ オンラインショップ

大切なものは直接手に取って確かめたいという方や、店員さんと話しながら購入を決めたいという方は、ハワイアンテナショップに行くことをおすすめします。
以前、ご紹介したものを参考にしてみてください♪



なかでもマウナロアMMJ(Maunaloa MMJ)は、日本全国に6店舗を構える老舗のハワイアンショップ
他のハワイアンショップでは見つけられないような雑貨もあるので、お店をまわるならば最初に行ってみることをおすすめします。

マウナロアには、ハワイらしくかわいいデザインのポーチがあります。
パスポートや母子手帳などを入れるにもちょうどよいサイズです。
在庫に限りがあるので、すぐに手に入れたい場合は事前に問い合わせてから行くとよいでしょう。
また、オンラインショップもあるので、合わせてチェックしておくと安心です。
マウナロアMMJ オンラインショップ




生地を買って、自分だけのオリジナルケースを作るのもアリ




お気に入りの生地を使って手作りしたいという、ハンドメイド派の方なら、自分の好きなサイズケースを作るのも良い方法です。

パスポートや通帳などは大きさが統一されていますが、母子手帳は配布する自治体により大きさはさまざま。
また、「ケースにはカードなど必要なものも一緒に入れておきたい」、「2人分入るケースが欲しい」という思いがある場合、自分で作れば大きさも中身も自由自在にデザインできますね。

本格的にハワイアンキルトから作りるというのも良いでしょう。
初心者でも作れるハワイアンキルトのキットもあるので、それを使えばポーチ程度なら簡単に作れそうです。
手作りしたケースなら、なおさら大切に使いたくなることでしょう。


長年使用するパスポートや母子手帳。
バッグにそのまま入れて汚してしまったら後悔しそうです。
いつまでもきれいに使いたいものだからこそ、じっくり選んでお気に入りのケースに入れておきたいですね。
私もケース選びに長時間費やしました!
大好きなハワイケースに入れて、大切に保管できますように。
パスポートケースをハワイらしく♪母子手帳や通帳も入るおすすめケースの見つけ方