弁護士資格のない女・小鳥遊翔子の快進撃が続いている。米倉涼子が主演を務める木曜ドラマリーガルV~元弁護士小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)の第5話が11月15日に放送され、平均視聴率15.4%を記録。初回15.0%、第2話18.1%、第3話15.9%、第4話16.5%と、全話で15%超え。第5話でも“ポチ”こと青島に顎クイを決めるなど絶好調だった翔子だが、一方でつらい過去が明かされ、ファンに衝撃が走った。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】米倉涼子、劇中の“ミニスカ美脚”に注目集まる「神スタイル!」「脚なっがい!!」

第5話では、青島が小鳥遊たちの京極法律事務所に入る前から抱えていた案件の控訴審が描かれた。人気学生ベンチャー企業の代表・町村誠(瀬戸利樹)が激しい暴行を受け、重傷を負った事件で、青島は町村の幼なじみでもある被告・武藤正洋(戸塚純貴)の弁護を担当したが、一審で実刑判決を受けていた。

翔子に「勝つまで戦うの」と背中を押され、青島は逆転無罪を勝ち取るため一念発起!地道な目撃者探しが奏功し、見事法廷で完全勝利を収めた。

■ 全財産を失い、父親は失踪

そんな第5話では、“翔子が弁護士になった理由”が明かされ話題になった。

翔子と青島が外出中の京極法律事務所で、残ったメンバーが翔子のうわさ話。パラリーガルの明(三浦翔平)が「今回の姐さん、なんだかアツいっすよね」と口火を切ると、やはりパラリーガルの理恵(安達祐実)が「気になって調べた」という翔子の過去を語り始めた。

翔子の中学卒業前に、自営業をしていた父親が投資詐欺でだまされ、全財産を失って失踪。周囲の陰口に耐え切れなくなった母親は、翔子を連れて別の町へ転居した。お金に苦しめられる思春期を過ごし、翔子は「法律を知っていることで避けられる悲しみがある」と弁護士を目指したのだという。

そんな翔子のルーツを知り、大鷹(勝村政信)も「道理で金に執着するわけだ」と頷いた。

一方、事務所の面々が翔子の過去について語っていたその同じ頃、翔子本人は青島に「どうして弁護士に?小鳥遊さんにも深い理由があるんじゃないですか?」と聞かれ、「理由は…頭がよかったから。司法試験も一発合格だったし、それにお金も儲かりそうだから。以上」とサラリとかわした。

弁護士資格を失っても法律事務所を立ち上げ、弱者のため最前線で戦う“正義の女”・翔子。そんな強気な翔子にも口にしたくない壮絶な過去があることが明らかになり、視聴者は衝撃!SNSなどで「小鳥遊さん、そんなに辛い経験してたんだ…」「小鳥遊弁護士になった理由に感動した」といった反響を呼んだ。

また、主人公の核心にふれるエピソードが中盤の第5話で早くも登場したことに「展開が早い!」「ルーツ明らかになって、今後が気になる」といった声も上がっている。

まだ、弁護士資格を失った詳細な事情や、元恋人とうわさされるエリート弁護士・海崎(向井理)との関係など、明らかになっていない翔子の過去は多い。「京極法律事務所」の快進撃とともに、「リーガルV」の快進撃もまだまだ続きそうだ。

■ 矢部太郎が結婚詐欺被害に!第6話あらすじ

22日放送の第6話では、「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れる。婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後からひどい土地だったことが判明。だが、土地はすでに引き渡し済みで、名義人である婚約者は行方知れずに。これは結婚詐欺に違いない、と翔子たちは確信する。

しかも、塩見の婚約者が「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)の失恋相手と同一人物だったことも判明!翔子たちは、塩見に女性を紹介した高級婚活相談所「ローズブライダル」に目をつける。そして、パラリーガルの伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みる。(ザテレビジョン

「リーガルV」米倉涼子