近年、フリークライミングの一つであるボルダリングは、道具を使わず一人でも楽しめることができるため人気が出ています。

ボルダリングとその魅力について紹介します。

・合わせて読みたい→
地球上で最強のアスリート 井上尚弥(https://cocokara-next.com/feature_archive/naoyainoue-feature/)


フリークライミングとは
高さ数メートルの岩を道具に頼らず自分の体力と技術を使って上るものです。日本で知られるようになったのは最近ですが、アメリカ1960年代頃にクライミングのジャンルの1つとして定着し、ヨーロッパではそれ以前に現在のボルダリングスタイルが確立していたともいわれています。

アウトドアフリークライミングは、元々の岩の形をホールドとして利用し登りますが、インドアでは人口壁にカラフルホールドが打ち付けてあります。

■ロープクライミングとボルダリング
フリークライミングの中のロープクライミングは、ロープやロープを装着するためのハーネス等の道具が必要で、クライマーとロープを確保する(出したり引いたりする)ビレーヤーの二人一組で行います。

最初にある程度ロープのビレーシステムクライミングの技術を覚えなくてはなりません。しかし通常では登ることができない高さまで登ることができるので達成感があります。

ボルダリングは、フリークライミングの中でもっともシンプルスタイルです。5メートル以下の壁を、道具を使わずに滑り止めのチョークを手に付けて登ります。

ボルダリング用の壁はあまり高くないので、高いところが苦手な人でも大丈夫です。

ボルダリングの魅力は?
専用のシューズさえあれば初めての人でも気軽に始められるところが魅力の一つ。ロープクライミングと違い一人で出来ますので、自分だけでじっくりトライできます。

ボルダリングを続けることで、腕の筋肉やバランス感覚、体幹が自然と付いてきますので、楽しく遊びながらエクササイズができるところも魅力ですね。

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ボルダリングに挑戦してみよう