ボーカロイド楽曲をフルオーケストラで奏でる『初音ミクシンフォニー2018-2019』の東京公演が11月24日パシフィコ横浜で開催された。今年で3回目を数える同イベント。“ボカロ曲”を演奏するだけでなく、ボーカロイドの歌唱や映像演出と、日本有数のオーケストラコラボレーションというかつてない取り組みだが、ファンの期待に応えるように、着実にエンターテイメントとしてのクオリティを高めてきた。



冒頭、初披露の曲などが続き、今回のメイン企画の一つでもある、巡音ルカ10周年メドレーへ。モニターに登場したルカの「ペンライトピンク色にして楽しんでね」の言葉で、会場はピンク一色に。 巡音ルカ10周年アニバーサリー曲も演奏された。

また、もう一人の主役、重音テト10周年メドレーが披露される。
重音テトはもともと、ネットジョークから生まれたバーチャルシンガーだが、クリエイターが注いできた情熱は本物だ。偶発的に生まれた重音テトというキャラクターに命を注ぎ込んできた、クリエイターたちの歴史に寄り添う、バラエティに富んだ3曲だ。



後半はお楽しみの「名曲小編成」コーナーからスタート。さらに、この季節にぴったりの北海道を応援する「SNOW MIKU」の10周年を記念する、名曲メドレーへ。北海道を中心に活躍する「雪ミクダヨー」がサプライズ登場し、大歓声を浴びつつ、「SNOW MIKU」の10周年メドレーが演奏される。

充実の本編を締めくくったのは、巡音ルカ10周年記念曲で送るMitchie Mの新曲。さすが調声の名手、オーケストラに乗ったミクと、“英語力”もいかんなく活かされたルカの歌唱は、脱帽するしかない。ボーカロイドも、東京フィルハーモニー交響楽団の奏者たちも、そして大歓声を送る観客も、等しくその場に“いる”、という感覚を覚える名演だった。



鳴り止まない拍手に応え、アンコール最終曲は、ふわりPの書き下ろしによる本公演のテーマ曲「たいせつなこと」。ミク、リン・レン、メイコカイト、そしてルカとテトの歌唱によるこの曲は、過去と未来をつなぎ、生きる喜びを高らかに歌う、ボカロファンにとっての新たなアンセムだ。ドラマチックセットリストと、それに名演で応えたオーケストラに、スタンディングオベーションが送られた。



10年前に比べて、ボーカロイドが世間的なニュースになることは少なくなった。しかしそれは、ブームが去ったのではなく、文化として定着し、成熟してきたことを示しているのだと、『初音ミクシンフォニー』はファンに語りかける。事実、このコンサートは回を重ねるごとに熱を帯びるばかりだ。今回は観客が自主的に三本締めを行い、中国語韓国語で感想を語り合い、早くも次回のセットリストについて議論を交わす姿も多く見られた。2019年1月25日巡音ルカ誕生日オリックス劇場で行われる大阪公演、そしてその先の開催へ、期待は膨らむ。

関連画像キャプション