昨夏、バルセロナからPSGへ電撃移籍したブラジル代表FWネイマール。いまだに古巣バルサへの復帰説やレアル・マドリーへの移籍説がささやき続かれている。

そうした中、『AS』が驚きの噂を伝えた。

PSGネイマールは2億ユーロ257億円)の手数料を支払えば、来夏のリーガ復帰を認めるという暫定合意に達したという。これはバルセロナテレビ局betevé』からの情報だという。

バルサはこの協約を察知しており、すでに交渉を開始したとも同局は報じているという。先週、バルサの交渉者とネイマールロンドンで会談したとの報道もある。

ただ、ネイマールが古巣復帰を希望している一方、バルサ側はクラブ記録となる巨費を投じることに躊躇しているとも。

とはいえ、PSGにはFFPの問題があるため、バルサがウスマヌ・デンベレを手放すことになれば、2億ユーロが動くかもしれないというが…。

ネイマールとPSG、「250億円でのスペイン復帰」に合意!?