メジャーリーグサッカーMLS)のロサンゼルスギャラクシー(LAギャラクシー)が、選手たちの去就を発表している。イギリスメディアスカイスポーツ』が26日に報じた。

 MLSプレーオフを除く全リーグ戦が10月28日に終了。ロサンゼルスギャラクシーは西部リーグ7位でシーズンを終えた。そしてLAギャラクシーは、元イングランド代表DFアシュリーコール2019年以降の契約延長をしないことを決定。クラブ公式サイトで発表した。

 アーセナルチェルシーローマといった素晴らしいクラブと代表で、輝かしいキャリアを築いてきた37歳のアシュリーコール2016年ロサンゼルスギャラクシーと契約し新天地アメリカプレーをはじめると、今季はスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチとホットラインを構築していた。

 しかし今回、同クラブは冬に放出する8人の選手のうちの1人にA・コールを含めたという。

 A・コール2001年から2014年までイングランド代表で107キャップを記録。同代表で史上6番目に出場試合数の多い選手となっていた。

 一方、LAギャラクシーは、イブラヒモヴィッチを含む16人の選手と来季以降も契約する意向を発表した。

 なお、イブラヒモヴィッチについては、セリエAミランが獲得を画策をしているとの報道があり、ここ数週間の去就情報に注目が集まっている。

 今月初めには2019年もLAギャラクシープレーする意向を示していたイブラヒモヴィッチ。今季27試合で22得点を挙げたていたが、クラブの順位に不満がある模様。クラブについて次のようにコメントを残している。

「俺が2019年も(LAギャラクシーに)戻ってくるためには、トロフィーに挑戦したいと思っている。俺は休暇のためにここにいるわけではない。チャレンジのためにここにいるんだ」

「俺はMLSベストになるチャンスがあると思っている。俺のチームではなく、俺が最高だからね」

ロサンゼルス・ギャラクシーでホットラインをつくりあげた左サイドバックのアシュリー・コール(右)とFWのイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images