復帰プログラムクリアして、27日にチーム練習でフルメニューを消化

 浦和レッズ日本代表DF槙野智章が27日、チームに完全合流を果たした。日本代表の一員として出場した20日の国際親善試合キルギス戦(4-0)で脳震とうと診断されて復帰プログラムを実施していたが、晴れて“GOサイン”が出たことを明かした。

 槙野はキルギス戦でキャプテンマークを巻いて先発出場したが、後半12分にロングボールに対応しようとしたところで、相手選手とGK権田修一(サガン鳥栖)に挟まれるようにして接触。ピッチに倒れ込むと無念の負傷交代となり、試合後には日本サッカー協会の広報担当者が脳震とうであることを明かしていた。

 キルギス戦後、自身のSNSには試合中の記憶がないことを投稿していたが、今でも「権田がマンツーマンからゾーンにという守備の指示を出した瞬間から先は覚えていない。映像を見ても分からない」のだという。

 その後、浦和に戻って医療機関での診察を受けた結果も脳震とうとなり、国際サッカー連盟FIFA)が定める復帰プログラムを実施。その過程で迎えた24日のJ1リーグ第33節、湘南ベルマーレ戦(1-2)は無念の欠場となっていた。

 チーム練習に合流した槙野はフルメニューをこなすと、「読み上げられた5桁の数字を反対から言うという課題もあったりで大変でした」と話したが、安堵の表情を浮かべた。トレーニング中も周囲の選手に声を掛けながら、溌剌とした動きを見せていた。

最終節の位置づけを主張「数字の上では消化試合と見られるのかもしれませんけど…」

 浦和は今後、12月1日リーグ最終節のFC東京戦を迎え、5日に天皇杯準決勝の鹿島アントラーズ戦、勝利すれば9日の決勝戦に進む。リーグ戦での3位以内は消滅し、天皇杯に来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を懸ける形になったが、槙野はそのムードが大きくなりすぎることには警鐘を鳴らしている。

「湘南戦の前に、チーム天皇杯にというムードになり過ぎていた部分が感じられた。そういう空気をFC東京戦の前に作り過ぎないことが大事だと思う。数字の上では消化試合と見られるのかもしれませんけど、そのつながりや背景を考えれば非常に重要な試合になる」

 槙野個人で言えば、ロシアワールドカップ(W杯)も含めれば休みのない非常にタフなシーズンを送り、浦和も監督交代を含めた混乱もある難しいシーズンだった。それだけに、アクシデントから復帰した槙野はシーズンの最後に有終の美を飾るつもりだ。(轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada)

チームに完全合流を果たしたDF槙野智章【写真:Football ZONE web】