0_e5

 人は毎日何かを口にする。食べることは生きていくうえで必要な営みなのだ。どうせ食べるならおいしいものを食べたい。だがそこに油断もある。

 歴史を通じて、多くの人が食べ物や飲み物に毒を盛られて殺されてきた。

 毒入りの危険があろうとも、美味しそうな料理の魅力に抗える者などそうはいないのだ。

 ここではかつて毒殺に利用された8つの料理と一体何の毒が使用されていたのか見ていくことにしよう。

―あわせて読みたい―

死と隣り合わせにある世界10の危険な食材
触るな危険!毒が塗られた中世の「死の書物」が大学の図書館で発見される(デンマーク)
見た目はいたって普通の女性。だが凶悪犯罪を犯し現在刑務所に収監されている世界15人の危険な女性たち
きれいな花には殺傷力。人を死に至らしめるほどの猛毒を持つ10の花
割と極悪。650人以上を殺害したとされる吸血鬼と呼ばれた貴族女性「バートリ・エルジェーベト 」(ハンガリー)

1. りんごとプルーンパイ:殺鼠剤


1_e6
istock

 ナニー・ドス(1905~1965年)は、12人を毒殺したアメリカ連続殺人犯だ。プルーケーキアップルプルーンパイに殺鼠剤を盛って殺害したと言われている。

 彼女の証言によると、オーブンから取り出したアツアツの生地に砂糖をまぶすのがいつものレシピだそうだ。

 これで毒の味がごまかされたのかもしれない。

2. バナナプリン:殺鼠剤


2_e7
istock

 アンジェット・ドノバン・ライルズ19251977年)は、アメリカジョージアメーコンで軽食堂を営む女主人で、バナナプリンバニラウエハースを添えたシンプルな南部の料理やデザートを得意としていた。

 ライルズはときおり、体調を崩していた夫2人、義母、娘の世話をするために食堂を閉めることがあった。その全員が食事に殺鼠剤を混入されて死んでいる。

 犠牲者がどの料理で死んだのかまでは定かではない。

3. ピーナッツバター・ミルクシェーク:ヒ素


3_e8
istock

 ブランチ・テイラー・ムーア1933年~現在)は、ヒ素入りの料理を繰り返し提供するというやり方で、少なくとも3人をじわじわと苦しませて殺害している。

 病院送りとなった犠牲者に、バナナプリンなどの消化に優しい毒入りのお菓子まで届ける念の入りようだ。

 ところが彼女の2人目の夫ドワイトムーアは、通常の100倍ものヒ素が体の中にたまっていたにも関わらず、死ぬことはなかった。

 彼の好物は、バニラアイスピーナッツバターの甘さがたまらないミルクシェークだったそうだ。

4. アップルパイ:ヒ素


4_e5
pixabay

シナモンをまぶし ナツメグ一振り
あまーいヒ素入りの美味そうな悪魔の一品
そいつが有名なアップルパイさ 忘れちゃいけない
リダ・サウサードアップルパイで 男たちはばたばた死んだ
――アイダホ州のフォークソングより

 リダ・サウサード1892~1958年)とその家族は、アイダホ州ツインフォールズの新しい町の付近になっていたメロンのようなりんごを抱えた男の写真を目にした。

 1907年頃にミズーリ州から引っ越してきたのは、これが目当てだったらしい。彼女はそのりんごをパイの中に仕込んだ……ハエトリ紙を煮込んで抽出したヒ素と一緒に。

 これによって夫4人、娘1人、義理の兄弟1人を殺したと言われている。

 彼女は最後まで無実を主張したが、彼女の体には毛がほとんどないとの噂があった。長い間ヒ素に暴露していたサインだ。

5. クラムチャウダー:ヒ素


5_e0
istock

 リディア・シャーマン1824~1878年)は、夫3人と子供8人をミルクオートミールニューイングランド風クラムチャウダーで殺害した。

 クラムチャウダー南北戦争当時の一般的な料理で、豚の塩漬け、じゃがいも、ホンビノスガイをたっぷりの牛乳とクリームで煮込んだものだ。

 だが、シャーマンの場合は、隠し味にヒ素が入っていた。

 これによって彼女は2万ドル相当の不動産と現金1万ドルを相続した。

 面倒になったのか、次の夫にはブランデーのボトルにヒ素を混ぜるだけにしている。

6. ハムと豆のスープ:リシン


6_e1
istock

 デボラ・グリーン1951年~現在)の結婚生活は1995年に崩壊する。夫が原因不明の吐き気と下痢で苦しむようになったのだ。

 夫は最初、ペルーに旅行に行ったときに変な虫に食われたのだろうと主張していたが、夫妻の家が火災に遭い、子供2人が死んだために警察の捜査が入った。

 ここからグリーンによる放火であり、さらにチキンサラダサンドイッチとハムと豆のスープにトウゴマの種子を入れて夫に食べさせていたことが判明した。

 トウゴマの種子からとられるひまし油は下剤などとして用いられるが、種子にはリシンという毒物が含まれている。

7. キノコ料理:タマゴテングタケ


iStock-1004479628_e
istock

 ローマ皇帝クラウディウス(紀元前10年~54年)は大のキノコ好きだったと伝えられている。

 おかげで、毒使いロクスタによって殺されてしまった。

 毒殺を命じたのは、息子ネロを皇帝の座に就かせようと画策したクラウディウスの4番目の妻、小アグリッピナである。

 暗殺が実際に行われたのかどうか、歴史家の間では議論がある。

 だが、伝えられるところによると、ロクスタは猛毒キノコ御三家の1つ、タマゴテングタケのエキスを皇帝の大好物セイヨウタマゴタケ料理に入れたという。

 その後の詳細はさまざまで、吐き出させるために皇帝の喉に入れられた羽に毒が塗られていただの、毒入りの浣腸を入れられただのと諸説ある。

 いずれにせよ苦しみぬいて死んだことだろう。

8. キャロライン・グリルズの手作りお菓子:タリウム


8_e1
istock

 オーストラリアキャロライン・グリルズ1888~1960年)は、親戚とお茶をするために手作りケーキクッキーを作ることで知られていた。

 だが、彼女のおもてなしお菓子には殺鼠剤に使われるタリウムが入っており、家族4人が犠牲になった疑いがある。

 タリウム中毒になると、熱、精神錯乱、けいれん、進行性の盲目といった症状が生じ、やがて死にいたる。

 だが、それでもグリルズのお菓子はとても美味しく、彼女が容疑者になってすらも、人はそれを口にした。

 生姜の砂糖漬けをもらったある親族は、その魅力に抗えず食べてしまい、首と胸の痛みに、つま先のしびれという美味しくない思いをする羽目になった。

 結局、グリルズは4人の殺人と1人の殺人未遂の容疑で逮捕されたが、有罪となったのは1件だけである。

 なお戦後のオーストラリアではタリウム中毒で10人が死亡し、これに関する裁判が頻発していた。彼女の裁判は、タリウムに関連する裁判のうちの1つであったと言える。

poison-1481596_640_e

pixabay

 女性の連続殺人犯の共通点として毒殺を用いることが多いそうだ。

・見かけはごく普通の女性。女性の連続殺人犯の驚くべき6つの特徴(米研究) : カラパイア

 非力な女性であっても、毒ならば簡単に犯行に及ぶことができる。昔から料理を作る役割が女性だったことから、料理に毒を入れやすかったのかもしれない。

written by hiroching / edited by parumo
追記:(2018/11/27)本文を一部訂正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268061.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

熱湯を冷たい大気中にぶちまけると美しい白クジャクが誕生する件
過去の辛い経験と結びついている音を連想するだけでも、不安や恐怖を消し去ることができる(米研究)
あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」
いつ食べたいかで方法を選べる。固いアボカドをやわらかくする5つの方法
完食したら賞金6万4千円ゲット!いまだかつて成功者なしの直径約81cmの超巨大ピザ(アイルランド)

―知るの紹介記事―

2018年、海外で人気の猫の名前トップ10が発表される
過去の辛い経験と結びついている音を連想するだけでも、不安や恐怖を消し去ることができる(米研究)
ロンドンの街のフェンスとして使用されている、第二次世界大戦中に使用されていた鉄製の担架(イギリス)
人類史上最悪の年は「西暦536年」 太陽から光を奪いとった謎の霧で世界中に大異変(米歴史学者)
あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」
毒殺に利用された8つの料理とそれに入れられた毒の種類