パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、今シーズンチャンピオンズリーグ(CL)優勝候補を3クラブ挙げた。イギリスデイリーミラー』に語っている。

セリエAを9度制すなど輝かしい時を過ごしたユベントスを離れ、今シーズンからPSGに活躍の場を移したブッフォン。28日にホームで行われるCLグループC第5節リバプール戦を前にして、今シーズンの優勝候補を挙げている。

「今シーズンバルセロナユベントス、そしてマンチェスター・シティが優勝候補だと思う」

リバプールにも大きなチャンスがあって、レアル・マドリーを忘れることもできないね」

「もちろん、チャンピオンズリーグを勝ち取るということはまだ僕の夢だよ。昨シーズンラストチャンスだと思っていたけど、今もう一度チャンスが巡ってきたね」

▽また、先発濃厚と言われるブッフォンは、FWサディオ・マネ、FWロベルトフィルミノ、FWモハメド・サラーが形成するリバプールの強力な3トップを警戒。欧州最高のトリオだと評した。

「キャリアを通して、僕は常に最高の相手に自身を試すことを求めてきた。そして、現時点でリバプールよりも素晴らしい3トップを形成しているチームなんて、欧州には本当にないんだ」

▽CL第4節終了時点で、PSGは首位リバプール(勝ち点6)、2位ナポリ(勝ち6)の1ポイント差で追う勝ち点5の3位。今節の敗北すれば大会から姿を消す可能性も高いが、ブッフォンは悲願のCL初制覇へ望みを繋ぐことができるのだろうか。

サムネイル画像