shutterstock_191081627

「不動産だけは死んでも手放してはいけない」というこだわりは、現在では全く理にかなっていないものなのだそうです。さらに、駅から遠いマンションは特に早く売ったほうがいい、とも。一体なぜなのでしょうか。無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者でマンション管理士の廣田信子さんが、専門家の意見を紹介しています。

駅から遠いマンションは早く売った方がいい?

こんにちは!廣田信子です。

先日のマンションコミュニティ研究会のフォーラム「人口減少時代の都市再生・都市居住を考える」は、ほんとうに聞きごたえがありました。

千葉大学大学院教授 小林秀樹氏
株式会社不動産経済研究所社長 高橋幸男氏
株式会社さくら事務所会長 長嶋 修氏

の3人のそれぞれの立場からのお話を一度に聞けて、パネルディスカッションができたことは、大きな意味があったと思います。改めて3人のゲストの皆様に感謝します。コーディネーターとしては、もっと、もっと続けていたかったです(笑)

これからのマンションの市場価値がどうなるか…に興味があって参加された方も多かったと思います。これについて、長嶋さんは、不動産市場の「価値が落ちない」「だらだらと下落」「無価値」の3極化はますます進む。「価値が落ちないマンションは全体の10%~15%70%は経年とともにだらだらと下落」の道をたどる…と。

中古マンション成約単価は、駅からの距離が遠くなるほど下がる傾向が、どんどん顕著になっています。これは、地方や郊外だけでなく、都心でも同様です。都心7区の駅からの徒歩距離1分あたりの中古マンション成約単価格差は、2013年には8,000円でしたが、2018年(5月時点)では、1万8,000円までになっているといいます。

すなわち、5年間で、駅からの距離が遠くなるにしたがってマンションの価格が下落する割合は2倍以上になっているのです。新築でも、駅から7分以上の物件は軒並み苦戦しているといいます。この傾向は、今後もますます続くのです。その背景には、空間より時間が大事と考える価値観の変化、車保有率の低下、共働き世帯の増加等が考えられます。