11月28日未明、コラムニスト勝谷誠彦さんが57歳という若さで亡くなったと自身の公式サイトで発表された。勝谷さんは今年8月21日、自身のメールマガジンで「まえ屈みだと、右脇腹に激痛が走る」などと明かし緊急入院。翌日には公式サイトでスタッフにより勝谷さんが集中治療室に入っていることを明かした。

 その後、重症のアルコール性肝炎を患っていることが判明。しかし9月30日には10月1日よりメールマガジンを再開することが発表され、10月10日には都内の病院を退院したと報じられた。そして、16日には勝谷さん自身がユーチューブの公式サイトに「勝谷誠彦の『血気酒会』~地獄からの生還」と題した動画をアップ。かすれ気味の声ながらも「ネット上の『勝谷、消えたな』の皆さん、ありがとうございます」「勝谷は消えません」と、健在ぶりをアピールしていた。

「関係者によると、勝谷さんは入退院をくり返し、今月下旬に故郷の尼崎市内の病院に入院。数日前から容態が悪化したそうです。ユーチューブに動画投稿してからわずか1カ月半ですから、ご本人はまだまだやり残したと感じていることが多いでしょう。ネット上ではアルコールとの付き合い方を改めて考えさせられた人が多いようで『西原理恵子の漫画に出てきてた勝谷さんが大好きだった。スゲェ酒好きなのは知ってたけど、俺はこの先酒を控える』『酒は適量以上摂取するとガチ毒なんだな。身をもって教えてくれた勝谷誠彦に感謝』といった声が目立っているようです」(週刊誌記者)

 勝谷さんには空の上で好きなだけ大好きな酒を飲んでもらいたい。合掌。

アサ芸プラス