iStock-579434558_e

 すべては科学の為。科学者がまた体を張って実験に挑んだようだ。

 なんでも口に入れてしまう子どもの誤飲事故は多い。人気のおもちゃレゴブロックも誤飲されやすいおもちゃの1つだ。

 そこでイギリスの研究者ら6人は、自らが実験台となり、レゴブロックの頭の部分を飲み込み、自らの排泄物をほじくりつづけた。

 そして安心する結果がでたようだ。

 お子さんがレゴを飲み込んでしまっても、1、2日もあれば、便と一緒に出てくるそうだ。

―あわせて読みたい―

科学者が体を張って実験。刺されたら痛い虫ランキング10(昆虫出演中)
科学者がまた体を張った。350万年前の細菌を自らに注射し病気知らずの屈強な体を手に入れたと主張(ロシア)
科学者がまた体を張った。自らの体にヒトヒフバエの幼虫を寄生させたままその様子を観察した科学者(※昆虫出演中)
ギリギリどっちだ!?物理学者が体を張って挑む、水中で自らの体に向けて発砲実験
どうしてこうなった?レゴブロックを人間に寄せ過ぎた結果、ホラー化した事案。

飲み込んだレゴきちんと排泄されるのか?何日かかるのか?

 これは『Journal of Pediatrics』に掲載された『Everything is Awesome: Don't Forget the LEGOs(何もかも素晴らしい:レゴをお忘れなく)』というタイトルの真面目な科学の研究だ。イグノーベル賞候補になりそうな感じだ。

 「ついにぜひとも知りたかった疑問の答えを得ました。飲み込んでしまったレゴの頭は体の中を通過するのにどれくらいかかるか? という疑問です」と論文の著者の1人、テッサ・デイビス(氏はツイートする。


なんでも口に入れたがる子供


 小さな子供はものを口に入れることが好きだ。ちなみにうっかり飲み込まれてしまうもので一番を多いのはコインである。

 これについては、1971年に、飲み込まれたコインは3~6日で特に問題もなく出てくることが判明している。

 だが、コインの次の飲み込まれることが多いもの――つまり小さなおもちゃについては、きちんとした研究がなかった。

 なんでも口の中に入れたい小さな子供にとっては、レゴの頭はきわめて魅力的な一品なのである。

レゴを飲み込み、排泄物をほじくる実験

 そこで研究チームは、研究に参加する科学者の中から、過去に消化器の手術歴があったり、ものを飲み込むことに問題があったりする人を除外しつつ、男性3名、女性3名を実験台に選び出した。

 実験で参加者はそれぞれ「排泄日記」をつけ、レゴの頭部を飲み込む前後のお通じについて記録をとった。更に研究チームが用意した「大便硬度・通過スコア」に基づき、排泄物の回数とゆるさを評価。

 それからおもむろにレゴを飲み込み、その後の3日間、出てきた排泄物を念入りにほじくってレゴが入っていないか確認した。

crowd-1699137_640_e

レゴはおよそ41時間(1.71日)で出てくる

 その結果、6人中5人は、1.14~3.04日(平均1.71日、約41時間)で出てくることが分かった。

 が、残りの1人からはレゴは回収されなかった。

 ちなみにその1人はこの論文の著者の1人で、小児コンサルタントダミアンローランド氏である。彼は2週間に渡り、排泄物をほじくり続けたそうなのだが、徒労に終わったと語っている。

 もう少し食物繊維を摂ったほうがいいのかもしれない。

万が一のときは医師に相談するのがおすすめ

 ただしこの実験の参加者はかなり少なく、しかも子供ではなく大人だ。

 そのため現実には、通過時間にかなり差異が生じるだろうと思われる。

 また被験者自身が排泄物を確認しているという弱点もある。著者によれば、配偶者や知人に排泄物をほじくってもらって欲しいとまでは頼みづらかったそうだ。

 さらに飲み込んだレゴは丸い部品だったが、実際にはさまざまな形のブロックがあり、体内の通過時間に影響を与えることだろう。

iStock-518563450_e

 結論としては、成人ならおもちゃを飲み込んでも問題なくすぐに出てくるのだが、排泄物の中のそれを探し出すことは案外難しいと言える。

 親御さんはお子さんの排泄物をほじくったりせず、心配なら医師に相談したほうが無難だろうとのことだ。

 レゴの頭部の方がなんとなくおいしそうに見えるから誤飲されやすいのかもしれないけれども、実際に食べたら悲惨なのは四角いブロックの方だしね。

 次の実験は四角い方飲み込むのかな?

 四角いブロックの方は踏んだら死ぬほど痛いしね。

・レゴブロックを踏むと死ぬほど痛いのはなぜ? : カラパイア

References:arstechnica/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268155.html
 

こちらもオススメ!

―料理・健康・暮らしについての記事―

母親と子供の体重に関連性。母親の体重の増減がそのまま反映される。父親の体重は影響なし(ノルウェー研究)
毒殺に利用された8つの料理とそれに入れられた毒の種類
熱湯を冷たい大気中にぶちまけると美しい白クジャクが誕生する件
過去の辛い経験と結びついている音を連想するだけでも、不安や恐怖を消し去ることができる(米研究)
あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」

―知るの紹介記事―

装飾用に加工された人間の頭部。「干し首」という文化とその作り方
心停止後も脳は機能していて、人は自分が死んだことを知る(米研究)
長く見続けると3か月以上も目に残像が残る錯視「マッカロー効果」
君は逃げ切れるか!?警察とのカーチェイスが楽しめるアクティビティがラスベガスにオープン(アメリカ)
母親と子供の体重に関連性。母親の体重の増減がそのまま反映される。父親の体重は影響なし(ノルウェー研究)
科学者がまた体を張った。自らレゴブロックを飲み込み無事に排泄されることを確認。平均1.71日で排泄される(英研究)