ベテランも若手もなし、コミュニケーションこそが広島の強さの源

 2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を開始。「カープ優勝の軌跡」(11月30日~投手編、12月7日~守備・走塁編、12月14日~打撃編)では新井氏へのロングインタビューを行った。2016年に現役引退した黒田博樹氏とともに、広島のレジェンドとして巨人に続く2球団目となるセ・リーグ3連覇に貢献した新井氏が、カープへのチーム愛、選手たちとの絆、自らの歩んできた道について語り尽くした。第1回は、再び黄金時代を迎えた広島というチームの強さの源について。

 広島の戦いぶりには、とにかく選手間の信頼感が厚いことがうかがえるシーンが多い。その雰囲気は、どこから出てくるのか。2015年シーズン、新井氏は阪神から広島へ復帰したが、時を同じくして黒田氏もMLBヤンキースから広島へ復帰。レジェンド2人は、バリバリの若手だった頃から、お互いに話していたことがあったという。

「僕がまだ若い頃、黒田さんと、ピッチャーピッチャー、野手は野手でバラバラになったら絶対に勝てない。特にカープというチームピッチャーと野手がしっかりと一丸となってやっていかないと絶対勝てない。だから、うまくコミュニケーションを取りながらやっていこうなってずっと話してたんですよね」

 選手同士が積極的にコミュニケーションを取ることで一丸となり、その雰囲気が若手を育て、次の主力として成長していくという好循環が、広島の強さを支えている。

「やはり家族的なところじゃないですかね。技術的に素晴らしい選手っていうのは今たくさんいます。それはもちろんですけれども、やっぱり気持ちの部分が結構通じあってるので、グッと結束できますよね。すごく良いチームになっていると思います」。

常に全力疾走、決してあきらめない…選手に染み付いた意識

 チーム一丸となれば、指導者が言わなくてもおのずと選手全員が身につける自主的なものができてくる。広島の場合は、常に全力疾走を怠らず、1つでも次の塁を狙う積極性だ。

「言われなくても、みんな当たり前のようにやってます。プロの選手、カープの選手としてやらなければいけないことっていうのが体に染み付いてるんじゃないでしょうか。隙があったら、次の塁を常に狙っていく準備は全員してますよね。足が速い遅いに関わらず、そういう意識は徹底されていると思います」

 もうひとつ、広島の選手に共通するのが、どんな状況でも決してあきらめない粘りだ。今シーズン、新井氏の印象にもっとも残っている試合は、7月20日の巨人戦(マツダスタジアム)。2回までに7-0と大量リードするが、巨人が陽とマギーの3ランで反撃。さらに8-6と広島リードで迎えた7回には吉川尚の2点適時打、延長10回には岡本の17号ソロで9-8と逆転を許した。しかしその裏、2死一塁の土壇場から、代打・下水流がマシソンから逆転サヨナラ2ランを放って劇的な勝利をおさめた。

レギュラーではない選手(下水流)があの場面で代打で出ていって、マシソンの速い球を逆方向にホームラン打ってサヨナラ勝ちする。カープの層の厚さ、強さっていうのを象徴した試合だったと思いますね」

 打球が右翼席へ飛んで行った瞬間、新井氏は真っ先にベンチを飛び出して大声をあげ、誰よりも体で歓喜を表していた。

「試合終わってロッカーに帰ったらVTRが流れてるんですよね。それで自分のアレが撮られてて、めちゃめちゃ恥ずかしかったですね。なんかジャンプしてガッツポーズして、それもみんな選手たち見てたんで、ロッカーでみんな大笑いしてましたね」。

新井氏と黒田が若い選手に注入した“広島魂”

 グラウンドに立てば、投手も野手も、ルーキーレジェンドもない。それは、新井氏や黒田氏を含め、広島というチームの選手たちが育て上げてきたポリシーだ。

「黒田さんや自分の背中を見て、そういう風にやらないといけないと思ってくれてるんであれば嬉しいですよね。もし、僕と黒田さんのやってることを、これが良いんだと思ってやろうとしてくれてるんであれば、彼らの考え方が素晴らしいんでしょうね」

 今でこそ球界屈指の人気を誇る広島だが、市民球団からの出発とあって、巨人や阪神のように資金力で有力選手を補強できるチームではない。チームとしてまとまって、初めて同じ土俵で戦える。広島のチーム作りの出発点は、そこにある。

「今は僕と黒田さんが言ってたようなチームになりつつあるんじゃないかと思いますけどね。決して間違った方向には進んでないっていうのはありますね」。(Full-Count編集部)

自らの歩んできた道について語った新井貴浩氏【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】