28日に肝不全のため亡くなったコラムニスト勝谷誠彦氏(享年57歳)の告別式が、29日に兵庫県尼崎市の斎場で営まれた。同日、私生活でパートナーだった甲賀瑞穂(45)が自身の公式ブログを更新し、心境を綴った。

 

■元『ViVi』モデルがパートナーだった

甲賀瑞穂は、かつて女性向けファッション雑誌『ViVi』(講談社)などで活躍した人気モデル2017年の7月に、

「私、甲賀瑞穂はコラムニストでもある勝谷誠彦氏とパートナー関係にあります 入籍、同居は子ども達が成人するまでは全く考えておりませんがこの先の人生のパートナーとして古くからの仲の良い勝谷氏と一般的な形に拘らず共に歩んでゆくつもりでいます」

 

と、勝谷氏とパートナー関係であることを公表している。

 

■「死んでしまった」というタイトル

甲賀は29日に、「死んでしまった」というタイトルブログを更新し、

「私たち中年の恋愛は若者たちの恋愛の様に激しくぶつかり合う事もなく穏やかに愛し合っていた(中略)彼が私についた嘘が1つ」

 

と綴り、「もうすぐ帰るからね。」と表示されたメールの画面を公開した。

甲賀瑞穂(画像は甲賀瑞穂公式ブログスクリーンショット

■「勝谷」と書かれた焼酎で献杯

さらに同日には、「彼が1番来たかった場所」というタイトルで「勝谷」という名前が書かれた焼酎の写真を掲載。「入院中も来たかった」という店で献杯している。30日には、「受け入れられない」というタイトルで、

「今日は涙も出なく何も食べず父とも喋らず心に大きく空いた穴をそのままに彼との今までのメールのやり取りを眺めていた」

 

と、悲しみの胸中を明かしている

 

■切ない内容に励ましの「いいね!」

甲賀が公開した勝谷氏のメールはあまりに切ない内容で、当該の記事には励ましや追悼の意とも思える「いいね!」が集まっている。

・合わせて読みたい→東京・西麻布の蕎麦屋「期間限定ランチのみラーメン」がスープ完杯のウマさ

(文/しらべぇ編集部・星子

急逝した勝谷誠彦氏 事実婚していたモデル・甲賀瑞穂が公開したメールが切ない