大河ファンタジードラマゲーム・オブ・スローンズ』のネッド・スターク役で知られ、映画『ロード・オブ・ザ・リング』などにも出演しているショーンビーン。映画&ドラマ界をまたにかけて活躍する彼が、『恋愛小説家』でアカデミー賞主演女優賞に輝いたヘレン・ハント主演の英BBCの新作ドラマWorld on Fire(原題)』に出演することがわかった。米Screen Rantが報じている。

【関連記事】死亡率が高い俳優ショーン・ビーン、『GOT』&新作ゲームの声優について語る!

全7話となる本作は、今まで語られてこなかった第二次世界大戦突入1年目のヒューマンストーリーを、イギリスポーランドフランスドイツアメリカに住む一般の人々の目線を通して描くシリーズ

現時点ではショーンが演じる役柄の詳細は不明で、その他にレスリー・マンヴィル(『ファントムスレッド』)、ジョナ・ハウアー=キング(『Little Women(原題)』)、ジュリアブラウン(『シェトランド』)といった英国出身の新進俳優や、ポーランド出身ゾフィア・ヴィフワチュ(映画『残像』)、アメリカ出身のブライアン・J・スミス(『センス8』)といった、国際色豊かなキャストが決定している。

ショーンは、ピーター・ボウカー(『キャピタル 欲望の街』)が脚本を担うこのシリーズについて、「ピーターが描く、この世界的に大きな紛争を通して紡がれる人々の物語は本当に素晴らしく、出演できることを楽しみにしています」とコメント。撮影は10月よりスタートしており、イギリスマンチスターロンドンフランスのパリ、ドイツベルリンなどでもロケが行われるとのこと。

ショーンは、1995年に公開された『007ゴールデンアイ』の悪役アレック・トレヴェリヤンを演じて世界的に注目され、その後に出演した『ロード・オブ・ザ・リング』のボロミア役でスターの座に。英時代劇サスペンスドラマフランケンシュタインクロニクル』や、本人役で登場する英コメディドラマウェイステッド』、映画『オデッセイ』『白雪姫と鏡の女王』などにも出演している。

映画やドラマ上での死亡率が非常に高い俳優としても知られるショーン。今回は生存し続けられるだろうか。ドラマの詳細は追ってお伝えしていきたい。(海外ドラマNAVI

Photo:ショーンビーン
(C) NYCM/FAMOUS