ミキ(画像はM-1 グランプリ2018公式ツイッタースクリーンショット

2日、漫才日本一を決める大会『M-1グランプリ2018』(ABCテレビテレビ朝日系)が開催された。霜降り明星が、決勝ラウンドに進出した和牛、ジャルジャルを下し、M-1史上最年少での優勝を勝ち取った。

そんな中、敗者復活戦を制し、最後の一枠をつかみとった、兄弟コンビ・ミキの漫才が物議を醸し、「炎上」と報じられている。

 

■暗い報道の多かったジャニーズ

今年に入ってから強制わいせつをした疑いで書類送検された、TOKIOの元メンバー山口達也氏や、ファンマナーに対して苦言を呈した関ジャニ∞の大倉忠義。先日、King&Princeの岩橋玄樹、Sexy Zoneの松島聡が立て続けにパニック障害で休業を発表したばかり。

ジャニーズファンにとっては、よくも悪くもセンシティブな時でもあり、メディアもイジり、笑いにすることに関しては「触らぬ神に祟りなし」となっていることも少なくない。

 

■始終「ジャニーズネタ」

そんな中、ミキが披露したネタは、弟の亜生(あせい)が、兄・昴生(こうせい)の履歴書を「ジャニーズ事務所に送っておいた」というもの。

ネタの途中には「今、ジャニーズグループ、結構欠員が出てんねん」とのセリフ。また、年内をもってジャニーズ事務所を退所する関ジャニ∞の渋谷すばるの名前を出し、「お兄ちゃんが代わりに…」のくだりも。

このネタには、一部のジャニーズファンは「ネタにしないでほしかった」「すばるはまだジャニーズなのに『やめた人』ってのは苦しい」という声も見受けられる。また、一部の報道でも「炎上」「ジャニーズファン激怒」などの文字も踊る。

■「最高でした!」「めちゃくちゃ感動」

ネタには賛否両論あるだろう。しかし、最初はヒヤッとした様子のファンも、誰かを揶揄しているわけでもなく、ラストに「ちっちゃい時の夢を言うてみ!」「SMAPになりたい」などのやりとりのネタには、「嬉しかった」「名前を出してくれてありがとう」などの意見も多数寄せられている。

 

■「ジャニーズネタ、ちょっとだめ」「悪い風潮」

思い返すこと『M-1グランプリ2008』では、最終決戦まで勝ち残ったお笑いコンビナイツが、SMAPネタを披露し3位で終わったことがある。

のちに、ダウンタウン松本人志レギュラー出演していたラジオ番組『放送室』(TOKYO FM)で松本は「ミスったところはそこ」と指摘していた。続けて「ジャニーズネタみたいなんはね、ちょっとだめなんですよ。いいの? テレビでいじってみたいな。変な空気になんねん」と語り、「悪い風潮」と述べていた。

今回、敗者復活から見事4位に食い込んだミキ。一部の声に臆することなく、ミキらしいネタを披露してほしい。そして、「悪い風潮」を変えてもらいたいと願う。

・合わせて読みたい→関ジャニ・渋谷すばるに脱退報道 嵐・二宮の「熱愛の火消し」と怒りの声も

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

ジャニーズネタで『M-1』決勝戦に挑んだ兄弟コンビ・ミキ 炎上報道の裏で「感動」飛び交う