英バーミンガムで、ノートパソコンを盗んだ犯人が、被害者に「保存されていた大学関連の書類が必要なら送る」とメールしてきたという。

ノートパソコンを盗んだことに対する謝罪で始まったそのメールには「私はとても貧しく、お金が必要だったんです。あなたの携帯とお財布は取りませんでした。それが少なくても埋め合わせになればと願っています」「あなたが大学生であることが分かりました。もし大学の課題など必要なファイルがあれば、送りますのでご連絡ください。重ねてお詫び申し上げます」と綴られている。

被害者のルームメイトが、携帯電話に届いたメールの画像をツイッターで公開。瞬く間にシェアされ、大きな反響を呼んでいる。