北米時間2018年12月3日NVIDIAは,新しい公式最新版グラフィックドライバGeForce 417.22 Driver」を公開した。
 Release 415(※415〜419)世代の新しいWHQL(Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)通過リリースは,北米時間4日にElectronic Artsが公開予定の「Battlefield V」用アップデート「Tides of War Chapter 1: Overture」に合わせたものだ。アップデートではDirectX Raytracing(DXR)の最適化が入って性能がレイトレーシング周りの性能が最大50%向上しており,NVIDIAいわく,GeForce RTX 20シリーズユーザーは以下のとおりの恩恵を受けられるとのことである。

GeForce RTX 2080 Ti:DXR Raytraced Reflection「Ultra」設定時に解像度2561440ドット60fps
GeForce RTX 2080:DXR Raytraced Reflection「Medium」設定時に解像度2561440ドット60fps
GeForce RTX 2070:DXR Raytraced Reflection「Medium」設定時に解像度1920×1080ドット60fps


ムービー(※4Gamerへジャンプします)

 入手したい人は下に示したリンク,もしくはGeForce Experienceを利用してほしい。

64bit版Windows 10用GeForce 417.22 Driver(543.69MB)
64bit版Windows 8.x・7用GeForce 417.22 Driver499.45MB)

ノートPC向けの64bit版Windows 10用GeForce 417.22 Driver(543.69MB)
ノートPC向けの64bit版Windows 8.x・7用GeForce 417.22 Driver499.45MB)

4Gamerの最新ドライバリンクページ

 今回もNVIDIAによる公式紹介記事と英文リリースの和訳を試みたうえで本稿の最後にまとめたが,最近のRelease 415世代と同様に,Battlefield Vアップデートへの最適化を除けば,バグ修正を進めたものという理解でいい。Battlefield Vプレイしている人もそうでない人も,ドライバRelease 415世代へ移行済みなら,自己責任で試してみる価値があると言えるだろう。


## 以下,NVIDIAによる公式紹介記事および英文リリースノートまとめ ##

・●GeForce 417.22 Driverの対応製品
GeForce RTX 20シリーズ
NVIDIA TITAN V
NVIDIA TITAN Xシリーズ
デスクトップPC向けGeForce GTX 10シリーズ
デスクトップPC向けGeForce GTX TITANシリーズ
デスクトップPC向けGeForce GTX 900〜600シリーズ
ノートPC向けGeForce GTX 10シリーズ
ノートPC向けGeForce 900M〜600MシリーズGeForce 500〜400シリーズGeForce 500M〜400Mシリーズサポート終了



GeForce 417.22 Driverが統合するソフトウェアモジュール
(※比較対象はGeForce 417.01 Driver
GeForce Experience:3.16.0.122
・HD Audio Driver:1.3.38.4
PhysX System Software:9.18.0907
Vulkan RT:記載なし
CUDA:10.0
・NView:149.34



GeForce 417.22 Driverにおけるゲーム最適化
・「Battlefield V Tides of War Chapter 1: Overture」用Game Ready



GeForce 417.22 Driverの新要素
・3D Visionの拡張
・「Just Cause 4(Good)」「Project NovaGood)」「Tom Clancy’s The Division 2(Not Recommended)」用3D Visionプロファイルの追加または更新※タイトル名の後ろにある( )書きはレーティング



GeForce 417.22 Driverで解決した問題
・高リフレッシュレート対応のディスプレイDisplayPort経由で接続している環境においてPCをスリープモードから復帰させた場合に画面表示がおかしくなる問題
グラフィックメモリオーバークロックが入った環境でNVIDIAコントロールパネルがクロックを正しく表示しない問題
NVIDIAコントロールパネルがグラフィックメモリデータレートを正しく表示しない問題
NVIDIAコントロールパネルから強制的に適用した場合でもRGBカラーフォーマットを正しく設定できない問題
GeForce RTX 2080 Ti搭載環境で「Hellbrade: Senua’s Sacrifice」がクラッシュする問題
MicrosoftWebブラウザEdge」からビデオ再生を行うと終了後にブラウザが応答しなくなる問題(※417.21 Hotfix版の修正内容と同じ)
・BenQ ZOWIE製液晶ディスプレイ「XL2730」で垂直リフレッシュレートを144Hzに指定すると画面に何も表示されなくなる問題



GeForce 417.22 Driverにおける既知の不具合(※抜粋)
・TITAN XpのSLI構成を行った環境へグラフィックドライバインストールすると,デフォルトのSLI動作モードが「無効」になる
マザーボード上に搭載されるPLX Technology(現Avago Technologies)製チップを経由してGeForce GTX 1080 TiのマルチGPU構成を行うと「DPC watchdog violation」エラーランダムに発生する(※411.63ドライバで「解決した問題」入りしていたのだが,未解決に戻った)
・「Mozilla FirefoxWebブラウザで特定のリンクマウスカーソルを重ねるとカーソルの表示が少しおかしくなる
・G-Sync対応ディスプレイ,そして非対応でHDMI接続のディスプレイを接続した状態で前者のG-Syncを有効化すると,ランダムに画面がちらつく
・TITAN V搭載環境で,本来表示されるべきでない「The Workstation」−「Manage GPU Utilization」の項目がNVIDIAコントロールパネルに出てくる

―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/022/G002210/20181204005/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE GeForce Driver
・PC Battlefield V

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)2011 NVIDIA Corporation
(C)2018 Electronic Arts Inc.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.