■「女装で踊る中井貴一香取慎吾のエロ坊主……。いったい誰が想像したでしょうか」(三谷幸喜

【画像】“誰も観たことのないミュージカル”の舞台の様子

三谷幸喜が作・演出を手がけ、三谷作品には欠かせない作曲家・荻野清子がオリジナル楽曲を作り上げた話題のミュージカル『日本の歴史』が、いよいよ本日12月4日に東京・世田谷パブリックシアターにて開幕した。
卑弥呼の時代から太平洋戦争までの1,700年にわたる物語を、ミュージカルで描く!”という壮大、かつ大胆な発想で生み出された本作。

大河ドラマ”でも納まりきれない1,700年の物語に登場する人物は、歴史上の偉人から名もない人々も含め50名以上! それを中井貴一香取慎吾、新納慎也、川平慈英シルビア・グラブ、宮澤エマ、秋元才加というたった7名のキャストだけで、ミュージカルで表現しようという、まさしくオリジナルな世界が繰り広げられる。

稽古中の宣伝活動などを通して、三谷幸喜キャストの口から、少しずつ登場人物の名前が漏れ聞こえていたが、それでも50名にはほど遠い。その全容はぜひ劇場で楽しもう。

そしてこのたび、本舞台のオフィシャル舞台写真と、作・演出の三谷幸喜、出演者からのコメントが届いた。

PHOTO BY 宮川舞子

三谷幸喜 コメント
誰も観たことのないミュージカルが完成しました。荻野清子さんの独創的な音楽に加えて、女装で踊る中井貴一香取慎吾のエロ坊主、シルビア・グラブの織田信長、親子三代全員川平慈英。いったい誰が想像したでしょうか。でも中身は至って真面目です。

中井貴一 コメント
三谷さんからのお話はふたつ返事で受けてきたものの、まさかミュージカルだったなんて(笑)。僕が最近掲げている目標が、前に進むために「この年齢でいかに恥をかくか」なのですが、歌も踊りも初めてのことばかりで必死です。でも、それを素直に新鮮に受け止めている自分がいて刺激的な毎日です。とにかく、この壮大なスト―リーが素晴らしい! 皆さんには、『日本の歴史』という言葉にこだわらず、この物語に身を委ねてご覧いただきたいですね。

香取慎吾 コメント
三谷さんとご一緒するのは3年前の映画以来。久々で本当にうれしかったのですが、こういうミュージカルは思いつかないでほしかったです(笑)。歌と踊りはもちろん、7名だけで歴史上の人物からその他大勢までいろんなことをやっています! でも、この物語は、途中のおかしな場面が最後の切なさに繋がったり、あとから刃のように鋭く突き刺さってきます。こういうことを考える三谷さんは、詐欺師マジシャンか? と思いますね(笑)

シルビア・グラブ コメント
台本を読んだだけではまったく想像がつかなかった世界が、どんどん深くドラマチックになっていって、「人間の物語」として感動的です! とても、考えさせられる作品になったと思います。本当にめまぐるしくいろんな人物を演じるので全員必死で稽古をしてきましたが、稽古現場に作家の三谷さんと作曲家の荻野清子さんがいて、皆で一緒に作り上げることができたことは、とても贅沢なことだと感じています。まったく歴史を知らない人も楽しめる舞台です!

舞台情報
『日本の歴史』
【東京公演】
12/04(火)~12/28(金)世田谷パブリックシアター
【大阪公演】
2019年
01/06(日)~01/13(日)梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

作・演出:三谷幸喜
音楽:荻野清子
出演:中井貴一 香取慎吾 新納慎也 川平慈英シルビア・グラブ 宮澤エマ 秋元才加
演奏:荻野清子 阿部寛 古本大志 萱谷亮一

公演の詳細、チケット情報はこちら
http://www.siscompany.com/mitani/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press