Q-Successから2018年12月Webサイト向けLinuxディストリビューションシェアが発表された。2018年12月Ubuntuシェアを増やし、DebianCentOSシェアを減らした。

Q-Successの調査によれば、Webサイト向けのLinuxディストリビューション2018年3月から2018年5月にかけて大きくシェアが下落したという。Ubuntu2018年6月以降シェアが増加しているが、ほかのLinuxディストリビューションは下落傾向を続けている。
(後藤大地)

画像提供:マイナビニュース