米国オハイオ州のある家族に、恐ろしいことが起こった。

家族同然に可愛がっているペットワンちゃんが凍った池に落ち、そこから抜け出せなくなってしまったのだ。

まだ凍りかけだった池

オハイオ州ノートン市に住むJillian Olsenさんは、生後7カ月になる雌のグレート・ピレニーズ、Frankieちゃんを飼っている。

そのワンちゃんが、Olsenさんの知らないうちに池の氷の上にあがり、走り回っているうちに水に落ちてしまった。池は完全には凍っていなかった。

人が下手に助けに行けば、氷を踏み破って落ちてしまうだろう。そこでOlsenさんは消防署に電話した。

その時は完全に気が動転していました。パニック状態です。彼女(Frankieちゃん)が凍えている、ということしか頭にありませんでした。

Olsenさんは後にこう話している。

消防署の専門救助班

オハイオ州ノートン消防署が連絡を受けたのは、11月30日午前11時30分過ぎ。5人のレスキュー隊が現場に急行した。

途中、消防車の中で救護用の「アイススーツ」に着替えた隊員のDwayne Martyさんが、現場に到着するやいなや池に入り、ワンちゃんの救護に向かった。

(今日の午後、池の氷に落ちた犬の救助に出動。こういう状況だと、ペットオーナは自分で救助を試みるのでとても危険だ。その気持ちはわかる。ペットは家族の一員だ! 今日は皆にとって最良の結果となった)

人や動物が池の氷を踏み破って落ちてしまうという事故は多いらしく、同署のチーフMike Schultzさんによれば、隊員たちは専門の訓練を受けているとのこと。

助けられたFrankieちゃんは毛布に包まれ、10分後には元気を取り戻して走り回っていたそうだ。

ノートン消防署はペットオーナーに向けて、このようなことがあったときは自分で助けに行かず、消防署に連絡するようにと呼びかけている。

凍った池に落ちたワンちゃんの救出劇が感動的