ミュージカルテニスの王子様』15周年のスペシャルイベントであるテニミュ文化祭が、11月23日(金・祝)、24日(土)の2日間、池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階 展示ホールAにて開催された。

これまで本公演以外に「コンサート Dream Live」「大運動会」「チームイベント」を行ってきたテニミュ史上、満を持しての初文化祭。1日2回、完全入替制で各回2,500人の来場者がお祭りを楽しんだ。

テニミュの楽しさがいっぱい詰めこまれた15周年記念の文化祭!!

会場は廊下を挟んでライブエリアドリームエリアに分かれ、それぞれに異なるブースが設置(来場者は入場時に引き換えたリストバンドを巻くことで行き来できる)。“文化祭実行委員”となったキャストが学校ごとにお揃いの文化祭ウエアに身を包み、タイムスケジュールに沿って“当番”を担当した。各ブースごと、出番時は仕切りも進行も本人たちが行い、スケジュール外でもゲリラ的に売り子を買って出るなど、どのエリアもどのブースも常に人通りの絶えない賑やかな空間創りになるよう積極的に活躍していた。

場内では常時さまざまな組み合わせの放送部による館内放送もあり、バックヤードにいるキャストの生おしゃべりの回では、見えないキャストたちの呼びかけに来場者たちの「はーい!」という大きな返事も自然発生した。そうした一体感は初日の初回からすでに生まれており、シンプルな展示方法とも合わせ、まさに文化祭らしい手作り感覚が満載の空間を彩っていた。

撮影OKな場所も多く、ほとんどの来場者がスマホ片手に自由に回遊。事前に告知されていた当番表でお目当てのキャストスケジュールチェックし、それ以外の時間でブースを回る、というのが基本の愉しみ方として定着していたようだった。また、物販で手に入れたテニミュ文化祭オリジナルグッズを自分なりにアレンジして身に付け、ひいきのキャラクターや学校をアピールする来場者も多数おり、時間を追うごとに増えていく学校カラーカラフルな華やかさも強く印象付けた。

テニミュ通”であればあるほど楽しめるこの文化祭。じっくり見るほどに伝わって来る小ネタの多さに作品に寄せる創り手側の愛情が感じられ、実行委員と来場者が同じ目線で楽しむことを目的としたニュータイプイベントとして、ファン心理を大いにくすぐってくれた。ホスト役のキャストも普段あまり見ることのないリラックスした表情で、この特別な時間を大いにエンジョイしていたようだった。参加した全ての人がたくさんの思い出、たくさんのお土産を抱えて帰路に着ける、大盛況の2日間となった。

<各コーナーの紹介>

ドリームエリア

セット展示

黄金(ゴールデン)ペアのコンテナ、ハーリー&キャスト手作りシーサー、青学(せいがく)テニス部部室、ベンチを設置。本番の舞台で使用したセットが並ぶ空間は開場後一気に人気コーナーへ。ベンチは実際に座っての撮影も可能。
時間ごとにキャストの登場もあり、ベンチではキャストによる「ラリー中のベンチ講座」が開かれ、その難しさを改めて実感。ハーリーに乗り込んだキャストは比嘉流のコールレスポンスを連発し、盛り上げてくれた。

ラケット展示

これまでの公演中に破損したラケットがズラリ。それぞれに使用キャラクター・壊した時期・壊れた時の状況が添付されていた。壊れたラケットも保管しているテニミュカンパニーだからできた、唯一無二の特別な展示。

■フォトパネル

テニミュブログキャスト写真ですっかりおなじみとなった、会場内のエレベーター前と稽古場の一角がバーチャルで出現。「(C)テニミュブログ」のフォトプロップスを使えば再現度はさらにアップ。出演者気分での撮影を可能にしたマニアックコーナーとして大人気に。

ライブエリア

■屋台

学校別オリジナルフードの販売。回替わりでキャストが呼び込み&お店番を務め、短い時間ですが直接コミュニケーションがとれるコーナーになった。「おいしく食べてね!」や「来てくれてありがとう!」など、キャストからの声掛けとともにフードを渡してもらえた。

オリジナルフード
青学(せいがく) STILL HOT IN MY HEART DOG(ホットドッグ
氷帝 俺たちはブリザードナッツ&一球入魂! どらぁ焼き(ドーナッツどら焼きセット)
立海 負けてはならぬ必ず勝つサンド(カツサンド
比嘉 焼きそバイキングホーン焼きそば

■手芸部

青学(せいがく)・氷帝・立海・比嘉、それぞれの学校カラーはちまきと、デコレーションシールを販売。その場で自分でデコレーションできるコーナー。大石副部長(の等身大パネル)が常時見守っていてくれていた。

■タレコみくじ

TEAM Partyおなじみ企画「タレコミ」がおみくじに。開場ほどなく売り切れていた人気の一品。おみくじ終了後は臨時販売ブースにチェンジ、ふらりと立ち寄ったキャストが「テニミュ文化祭に行ってきました」クッキーを売ってくれるサプライズも。

給水所

舞台本番中にキャストが飲んでいる袖水を用意。常温でノンラベルの“あの水”。置いてあるペンでキャップに自分の目印を書き込めば再現ぶりもアップ。ここでもふらりと立ち寄ったキャストキャップに目印を書込んでくれるサービスが。

衣裳展示

青学(せいがく)・不動峰聖ルドルフ・山吹・氷帝・六角・立海・比嘉・四天宝寺、全9校のユニフォームが勢揃い。すべて実際に使用された衣裳で、素材やディテールなどもじっくり観察できた。

クイズ景品引換所

入場時に配布される当日パンフはクイズ付き。回答を書き込み持参した人にもれなく開場限定の非売品グッズプレゼント

テニラビ部

会場限定の試遊機を使ったゲーム新テニスの王子様Rising Beat」体験コーナープレイ後にはステッカープレゼント

ヘアメイク

公演会場の楽屋を再現。原作コミックDVD・救急箱なども普段稽古場に置かれている実物のもの。ここでの目玉はキャストによるキャラクターメイクの実践。大勢のギャラリーが見守る中でメイクをしていく姿はかなりレア。MC役のキャストと組んで、それぞれのメイクのコツやマメ知識、楽屋でのエピソードなど、裏話もたくさん飛び出した。メイクに関する質問を募る場面も。

稽古部

こちらは稽古場をイメージ。壁のラケットや着到板は実際のモノをそのまま持ち込み。ここではミュージカルナンバー「Must Be Strong!」に合わせて、文化祭オリジナルの振りで身体を動かした。キャストの指導による歌と振りのおさらいを経て、見ている人たちみんなで総仕上げ。カロリーを使っての束の間の稽古場体験、かなりの盛り上がりだった。

メインステージ(時間ごとに異なる演し物を披露)

<放送部生放送

台本の朗読、質問コーナーなど、回によって異なるテーマを立ててのじっくりトークキャストのみなさんが素の顔をのぞかせてくれた。

ペテン師は誰だ!?>

喰わず嫌いを当てるゲーム。なかなか勝負がつかず、あっち向いてホイで決めるという裏技も飛び出した。

カラオケ大会>

キャストが歌うテニミュソング。青木 瞭&井阪郁巳の「コイツを倒したい!」、竹ノ内大輔&中島拓人の「セッカチ」、北乃颯希&内海啓貴の「誰にも見えない糸」、江副貴紀&田口 司の「フォー・トゥー・フィフティーン」、北乃颯希&前田隆太朗&吉澤 翼の「3人でダブルス」など、本編では絶対に聴けない贅沢な取り合わせが次々登場した。コールレスポンスも完璧。

<推しトーク

自身が演じるキャラクターの好きなところや魅力を語り合うトークコーナー。愛ゆえに偏った目線、独自の切り口でキャラクターを褒めるキャストの発言に、客席からは「そうそう」という同意の声も多数。

<ものしり王決定戦>

MCがテニミュにまつわるクイズ10問を出題。「リョーマくんが飼っているネコの名前は?」「明日11月25日誕生日キャラクターは?」といった基本問題から、「大隅勇太くんの三時のおやつは?」「山﨑晶吾くんの子供のころの将来の夢は?」といった個人にまつわるコア問題までを、早挙手で競い合った。

テニミュキャストJumping up! High touch!

お見送りポジションに配置されたキャストの手形。キャラクターの身長に合わせた位置にあり、実際に手を合わせることができた。タッチしたところを写真に収める人が続出し、公演のアンコールの熱を思い出す人も多かっただろう。

ミュージカルテニスの王子様』は、2018年12月20日(木)から ミュージカルテニスの王子様3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺 が開幕する。15周年を迎え、ますますパワーアップしていくテニミュに期待しよう。