JR東日本は4日、田町駅品川駅の間に建設中で2020年の開業を予定している山手線新駅の駅名を「高輪ゲートウェイ」にすると発表した。一般公募では、36票で130位だった「高輪ゲートウェイ」。昔から江戸の玄関口として賑わいをみせていたことから、玄関口を示すゲートウェイと名付けられたという。


 山手線の駅名に初めてカタカナが入ったことも話題となったが、そのセンスを取り入れたある路線図が4万リツイート、6万いいね!を集めるなど話題となっている。

 投稿者のくらげさんが作ったのは、「山手線改め山手メトロポリタンループライン路線図」。例えば、有楽町は「有楽町オールモストギンザ」、新橋は「新橋サラリーマンサンクチュアリ」、巣鴨は「グランドマザーズ」、新大久保は「新大久保グローバルスクエア」、恵比寿は「恵比寿ガーデンプレイス」となっている。


 そんな中、田端に付けられたのは「田端ナッシング」。そもそも「高輪ゲートウェイ」を揶揄したこの路線図だが、SNSでは「田端に謝って」「エリアの特徴がわかっていい」「これにしてほしいくらい秀逸」といった声もあがっている。

AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎都道府県名を“一文字”で表現した漢字が「なぜか読める」と話題(3:30~)