脳死の提供者から子宮の移植を受けた女性が子どもを出産したと、ブラジル・サンパウロ大の研究チームが4日付の英医学誌ランセットに発表した。出産が報告されたのは世界初となる。脳死状態になった45歳の女性から子宮を摘出し、生まれつき子宮がない32歳の女性に移植。昨年12月に帝王切開で出産に成功した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら