世の中には出会い系サイトで知り合い、幸せな家庭を築いているカップルも存在する。しかしこのほどオーストラリア在住の男性が、デートサイトで知り合った女性から散々な目に遭わされた。「生涯の伴侶」と信じて結婚した女の目的は豪居住権であり、離婚の危機に瀕すると夫をDV犯に仕立て上げ逮捕・起訴されるように仕組んだのだ。『9News』『Mirror』などが伝えている。

ニューサウスウェールズ州シドニーに住むファイサルさんは、イスラム教徒のデートサイト「Muslima.com」を通してモロッコに住むアスミーと知り合った。ファイサルさんはすぐにアスミーに夢中になり、モロッコで両親と暮らしていたアスミーの家にまで会いに行き、その後まもなくプロポーズした。

ファイサルさんは、アスミーを「生涯の伴侶」と信じて結婚した。しかしアスミーの目的は別にあったようだ。ファイサルさんはアスミーを想うばかりにオーストラリアモロッコを行き来する費用も厭わず、婚約や結婚が決まればその準備費用も出し、宝石購入などおよそ20万豪ドル(約1,670万円)もの金を用立てた。その後、2人は結婚してシドニーで8か月間の結婚生活を送ったが、徐々にファイサルさんは「妻は自分を愛してなどいないのでは?」と疑問を感じるようになった。

結婚後、仕事を2つ掛け持ちするようになったファイサルさんだったが、その稼ぎはほとんど妻が浪費した。アスミーはグッチトレーニングウェアやレザージャケット、ジミー・チュウのハイヒールマイケルコース腕時計や高級ブランドの宝石などを買い漁り、ホリデーや高級レストランでの食事以外にもモロッコに住む実家の両親に送金をするようファイサルさんに要求した。

そんな妻の立て続けの要求にファイサルさんは疲れを感じ、2人は頻繁に口論するようになった。結局、アスミーは金やビザ目的で自分と結婚したのではと疑いを抱いたファイサルさんは、密かに離婚を求めて弁護士やビザ専門家とメールで相談を重ねていた。しかし「離婚すれば妻の居住権に影響が及ぶ」と記載されたメールを盗み見たアスミーは、ファイサルさんを陥れようと決意した。

4月のある夜、ファイサルさんがスーパーマーケットチェーン店「Woolworths(ウールワース)」からの夜勤を終えて帰宅すると、アパートの中はまるで強盗にでも入られたかのような有様となっていた。部屋の中には家具が倒れ、床には物がまき散らされてあり、壁には穴が開いてガラスが割れ、寝室にはワインがこぼれていた。酷い光景を目の当たりにしてショックを受けるファイサルさんに、アスミーは「あなたは、自分が頭のいい人間だと思っているんでしょう。私のことを弁護士に相談していること知ってるのよ。あなたに思い知らせてやるわ」と言い放ち、部屋を出て行った。

キャミソールに裸足という姿でアパートエレベーターに乗り込んだアスミーは、自らの拳で顔を2回殴りつけ、警察へと駆け込み「夫に首を絞められ殴られた」とDV被害を訴えた。あられもない姿で家から飛び出した妻の身を案じて警察へ出向いたファイサルさんは、DV容疑で逮捕され一晩拘留された。

アスミーの虚偽の申告により4件の暴行罪で起訴されることになれば、最大7年の懲役刑が科せられる可能性があると知ったファイサルさんは、それから2か月間は弁護士に2万豪ドル(約167万円)を払って無実の証明に奔走した。そしてついに、アパートの監視カメラの映像を手に入れた。そこには自作自演のアスミーの姿がはっきりと映し出されていた。これを知ったニューサウスウェールズ警察は、すぐにファイサルさんを不起訴にしたが、アスミーの虚偽の申し立てについて起訴することはなかった。ファイサルさんは、自身が拘留されていた間にアスミーを伴ってアパートに彼女の所有物を取りに行った警察に対して、「妻が私の所有物であるデザイナーサングラスや高価な腕時計ラップトップなどを盗み出すのを無意識に助けた」と非難している。

犯罪被害者の会のホワードブラウンさんは、「普通なら、誰かが警察に虚偽の申し立てをして、それが虚偽であると証明できるのであれば、司法妨害で起訴するべきでしょう。しかし、今回の件については警察は正しい捜査を怠ったのです」と苦言を呈している。

現在、多くの借金を抱えながら職場から50kmも離れた共同施設で暮らしているファイサルさんは、このように話した。

「まさかこんなことをするとは思ってもいませんでした。あれほど尽くしたのにそんなこともすっかり忘れて、あの女は私の人生を台無しにしようとしたのです。あの女には、精神的にも経済的にも感情的にも利用され、何度も虐げられてきました。言うならば私の方が被害者ですよ。あの女は強欲で物質主義で、気にしているのは自分のことだけでした。とても危険な女です。今、政府には離婚した妻をモロッコに強制送還してほしいと掛け合っているところです。今度はあの女が、自分がしたことの結果に向き合うべきですよ。」

その後、アスミーはシドニーを出たが、今でもオーストラリアのどこかで暮らしているという。このニュースを知った人からは「こんな女、起訴されて当然でしょ。刑務所に収監されればいい」「監視カメラの映像があってよかったね。そうでなかったら男性にとって最悪の事態になっていたかもしれない」といった声があがっている。

画像は『9News 2018年12月3日付「‘Deport my wife’: Woman hits herself to ‘frame husband for domestic violence’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト