安田大サーカス・クロちゃん

何かと世間の注目を集める安田大サーカスクロちゃん(41)が、そのサイコパスぶりを遺憾なく発揮する『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の人気企画『モンスターハウス』。

5日放送された第4話では、第1話を『モンスターハウス』居住者が一緒に視聴。クロちゃんの二股が発覚するなど怒涛の展開が繰り広げられたが、終盤、視聴者から悲鳴があがった。

 

■これまでの展開は?

クロちゃんを含めた男女6名がシェアハウスに入居、その恋愛模様を楽しむのが『モンスターハウス』だ。

これまでの放送ではクロちゃんタレントの莉音(21)モデルの蘭(23)の2人を狙い、莉音とは手つなぎデート蘭とはキスするなど、意外なモテっぷりを披露してきた。

口説くために、どちらにもいい顔をし真剣に愛を囁いてきたクロちゃん。莉音も蘭もそれを知らずに心が揺れている様子だったものの、第4話ではそれが一気にバレる展開となる。

 

■クロちゃんの二股発覚

第1話放送当日、全員でオンエアを観るためにリビングに集合。「二股がバレるかもしれない」というのに、クロちゃんもいつもと変わらぬ様子で帰宅し「楽しみ」とオンエアを待つ。

莉音、そして蘭を同じようなセリフで口説くシーンが放送され始めると、それまで楽しそうに鑑賞していたリビングの空気は一変。莉音は「最悪。なんかショック」と絶句、蘭も同調し場の空気は最悪に。

続けて男性陣に「莉音とキスした」とウソをついていたこともバレ、慌てるクロちゃん。ここで莉音と蘭から「どっちが好きか」尋ねられ「どっちも」と明らかな誤答をし、莉音から「もういい」と三下り半を突きつけられる。

■スタジオもドン引き

クロちゃんはその後、「どっちも選べない。自分の気持ちに嘘つきたくない」「欲しいものは手に入れたい」と男性陣に本音を吐露。必死に弁解を続け前半は幕を閉じた。

クロちゃんの動向に衝撃を隠せないスタジオメンバー。二股がバレるとわかっていながら普通に帰宅したクロちゃんに疑問を口にすると、ダウンタウン松本人志(55)は「うまく編集してもらえていると思ってたのかも」と分析。

田中みな実(32)は「ここまでいくとかばいきれない。今後、何してても笑えない」と苦い表情を浮かべた。

 

■後編スタート

後半はそれから数日後、楽し気に食事しているメンバーだがクロちゃんの姿はそこにない。仕事の関係で数日留守にしていたのだ。

そこにクロちゃんが帰宅。いつもと変わらぬ雰囲気で土産を渡し、全員に接するが莉音を中心に全員の表情は硬い。会話も止まり、食卓にはクロちゃんの声だけが響き渡る。

ここでクロちゃんは莉音に「まだ怒ってる?」と質問、莉音は「逆にまだ怒ってないと思う?」と反論。「俺だけが悪いのかな」「一緒に見なければよかった」と持論を展開するクロちゃんに周囲は終始あきれ顔だった。

■まさかの展開に…

ここから怒涛の展開が。突如、黒い箱が届けられたのだが、その中にはクジが入っており、〇を引いた者が「『モンスターハウス』から1人だけ出ていくメンバーを選べる」というのだ。

「待ってよ。この感じヤバくない」「出ていかないからね」と必死に抵抗するクロちゃんだが、ほかのメンバーはクジ引きを進める。

結局、ジャンケンで勝ったクロちゃんから順にクジを引く、そして〇を引いたのはまさかのクロちゃんだった。

ここでクロちゃんの表情が一変。「引いたよ」と邪悪な笑みを浮かべながら周囲を見回す。饒舌に「本当は6人で暮らしたい」としながら、「ここに居たい気持ちを知りたい」と1人ずつとの面談を希望。第4話は幕を閉じる。

 

■恐怖を感じる視聴者

クロちゃんキャラ変に「怖い」と怯えるメンバーたち。次回予告では莉音ら女性メンバーが大号泣する姿が映された。

おぎやはぎ・小木博明(47)は、「これまで見た映画に出ていた変質者の中で一番すごい。世界に通用する」とある意味クロちゃんを絶賛したが、その変貌ぶりは視聴者も恐怖に陥れたようだ。

否定的な意見が目立つが、それも含めてクロちゃんの魅力と楽しんだ視聴者も少なくない。

 

■クロちゃんは自画自賛

当のクロちゃんは自身の強運を称賛。モンスターぶりに拍車をかけていた。

モンスターハウス』を出ていくメンバーは誰になるのか、今度のクロちゃんはどれほどの悲鳴を浴びるのか、視聴者は恐れながらも楽しみにしている。

・合わせて読みたい→クロちゃんとキスした美人モデル・蘭に騒然 「見てて無理」「売れたい根性が…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

『モンスターハウス』で本性暴かれたクロちゃんの豹変ぶりがヤバすぎ 圧倒的恐怖に女性陣号泣