エッジコンピューティングに必要なものとは?
2020年の商用化をにらみ、ITベンダーの5Gに関する取り組みが活発化している。5Gに関連する技術としては「エッジ」や「IoT」があるが、これらについても2018年は大きな動きが見られた。

ヴイエムウェアも「5G」「エッジ」「IoT」に積極的な姿勢を見せているベンダーの1社だ。サーバ仮想化製品を振り出しに、今やインフラ全体の仮想化を実現するソリューションを提供する同社だが、IoTエッジに対しては、どのような戦略を掲げており、何を強みとしているのか。また、これらの技術は企業に何をもたらすのか。

今回、VMware 最高技術責任者(CTO)兼上級副社長を務めるレイ・オファレル氏にこれらの技術を包括する同社の戦略、5Gやエッジの広がりがもたらす世界について聞いた。

○「デバイス」と「コンピュート」から構成されるエッジの世界

同社はここ数年「Any Device,Any Application Any Cloud(あらゆるデバイスアプリケーションをあらゆるクラウドで利用できるようにする)」というビジョンを掲げている。その基本は変わらないが、対象とするデバイスはPCやスマーフォンから、ネットワークカメラセンサーなどIoT機器にまで広がっており、クラウドについてはエッジまで広がっている。

オファレル氏は「エッジは、いろいろな形で言葉が使われているので難しい」と述べたうえで、同社がエッジを「デバイス」と「コンピュート」の2つの世界にわけて考えていると話した。

エッジデバイス」はセンサーなどネットワークエンドポイントで利用されるデバイスを指し、「エッジコンピュート」はエッジにおけるデータを処理する機能を指す。

「例えば、ホテルにはエアコンの温度管理をはじめ、さまざまな機能を持つセンサーが存在する。これらのセンサーが生成するデータを迅速に処理するには、エッジにコンピュート、ネットワーク、ストレージを持つ小さなデータセンターが必要となる。これが、典型的なエッジコンピューティングだ」

オファレル氏は「こうしたエッジコンピューティングの世界を実現するために、エッジに管理とセキュリティの機能を提供する必要があると考えた」と話す。

同社はエッジデバイスを管理する製品として「」を提供している。エッジコンピュートを管理する機能として、今年開催された年次イベント「VMworld」で「Project Dimension」が発表された。「Project Dimension」はHCIアプライアンス、ハイブリッドクラウド向けの制御プレーンから構成される。

エッジの課題を解決する「NSX」と「AppDefense」

またオファレル氏は、エッジに持っていきたい機能として「マイクロセグメンテーション」を挙げた。「既にNSXとSD-WANによってネットワークの管理機能をエッジに持ってきている。このように、SDNをエッジに持っていく能力があるということは、マイクロセグメンテーションをエッジに持っていることを意味する」と同氏はいう。

そして、オファレル氏は「エッジコンピュートの課題は従来のデータセンターに配置されていないことにある。店舗や自動車の内部など、フィールドエッジコンピュートは置かれるため、ダメージを受ける可能性が高い」と指摘する。

そこで必要になるのが、「障害が発生した時にネットワークを迅速に切り離す」「挙動のおかしいアプリケーションを隔離する」といったことが行える新たなセキュリティ対策だという。こうしたセキュリティ対策を実現するのが、「VMware NSX」と「VMware AppDefense」となる。

さらに、オファレル氏はエッジについて言っておきたいこととして「エッジ to クラウドというモデルが必要であること」を挙げた。エッジデバイスで大量のデータを生成し、リアルタイムで対応が必要な時、がクラウドと通信するようになると、クラウドデータを送信して処理していると遅延が生じてしまう。そこで、エッジデータを処理できる仕組みとして、「エッジコンピューティング」に対するニーズが高まっているというわけだ。

エッジでもニーズが高まっている仮想化
Raspberry Piで動くVMware ESXiのプロトタイプを披露

今年のVMworldでは、ARMの64ビットプロセッサ用のVMware ESXiハイパーバイザーを発表し、IoT分野への取り組みを示した。続いて、11月に開催された「VMworld 2018 Europe」では、Raspberry Pi用 vSphere ESXiのハイパーバイザーのプロトタイプを披露した。

オファレル氏にこのプロトタイプについて聞いてみたところ、「ユーザーから『エッジに仮想化を持っていくことはできないのか』という質問を多く受けることから、それが可能であることを示すためにプロトタイプ作ってみた」という答えが返ってきた。

例えば、自動車においては、1つのハードウェアの中で自動運転と音楽用のインフラを分離することが必要となっている。これを実現する方法として、「別のコンピュートセットを用意する」もしくは「1つのハードウェアにまとめつつ仮想化で分離させる」という2種類があるが、仮想化をエッジに寄せていきたいというニーズが高まっているという。

オファレル氏は、このプロトタイプによって「ハイパーバイザーは必ずしも大きなソフトウェアでなくてもいいこと」「エッジではファイバチャネルとvSANスタックが不要なため、ハイパーバイザーを大きくできること」という2つのことを見せたかったと語った。
○新たなアプリケーションを生み出す5G

ヴイエムウェアのエッジコンピューティングに関する戦略は、当然、実用化が迫っている5Gを踏まえてのものとなる。同社では、通信事業者と5G関連のビジネスが進んでいるという。

オファレル氏に「5Gが普及すると何が変わるのか」を聞いたところ、「デバイスに対し、レイテンシーを抑えた接続性を提供していかなければならなくなる。その結果、5Gの特性を生かした新たなアプリケーションが必要となり、NFVの出番だ。エッジアプリケーションでは、データが大量に生成されるため、コンピューティングが必要となる。ここに、われわれのチャンスがある」と語った。

さらに、5Gが成熟してくると、アプリケーションスタック側でも変化が起き、コンテナが必要となる。ヴイエムウェアは「「Any Device,Any Application Any Cloud」を実現するため、コンテナにも注力している。

企業が5Gを自社のビジネスチャンスとして生かすには、エッジコンピューティングとコンテナの整備がカギとなるわけだ。現在、5Gの実用に向け、通信事業者を中心にさまざまな実証実験が行われている。今は、こうした実証実験の結果を参考にしつつ、5Gに対する自社の戦略を検討行くことが必要なのかもしれない。
(今林敏子)

画像提供:マイナビニュース