熊本市中央区の子飼商店街近くに食用昆虫ばかりを提供する自動販売機が登場し話題になっている。同区の自営業、友田敏之さん(34)が「食糧問題に関心を持ってほしい」と通信販売されている食用昆虫を販売。昆虫は国連食糧農業機関(FAO)が将来の食糧危機を解決する栄養源と発表して世界的に注目されている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

食用昆虫の自動販売機の前に立つ友田さん。「最初は罰ゲーム感覚で買ってもらいたい」と語る=熊本市中央区で2018年11月6日午後1時36分、中里顕撮影