突然ですが、みなさん名刺は持っているでしょうか。最近ではサラリーマンだけでなく、“意識高い系”の大学生まで持つ人も増えている名刺。

 社会人になって数年が経過したbizSPA!世代だと、なかには営業や接待などで名刺交換したはいいものの、それっきりで「捨てられない」と持て余している人も多いのではないでしょうか?

名刺納め祭2018
名刺祈祷の様子
 12月5、6日、1年の出会いに感謝しながら不要な名刺を祈祷・奉納して処分する「Sansan名刺納め祭2018」が、商売繁盛の神様である恵比寿様や縁結びの神様である大黒様を祀る神田明神で開催されました。

 このイベントは個人向け名刺アプリ「Eight」などクラウド名刺管理サービスを提供するSansan株式会社が主催。今回は前日に行われたメディア向けの回に参加。果たして、どんな人が名刺を奉納しにやってきたのでしょうか?

「部署異動を機に」名刺を奉納

 今回初めて同イベントに参加したというIT企業に勤める男性は「以前の部署の関係で交換した名刺を中心に50~60枚持ってきました」そうです。

名刺納め祭2018
参加者の男性
「名刺を処分することは新しい部署での出会いを大切にし、前の部署とけじめをつけることにもつながると思います。ただ、いただいたものをゴミ箱とかに捨てるのもなんなので……。今回はちょうどいいタイミングだなと思い参加しました。異動で私の名刺も変わったので、以前使っていた自分の名刺も持ってきています」

取引先の「関係ない人」にもらった名刺

名刺納め祭2018
名刺を納める様子
 また、不動産業界で法人営業の業務にあたる女性参加者は「担当物件の社員寮に住んでいるお客様から個人的に名刺をいただく機会も多いのですが、実際にお客様を担当し、仲介する窓口となる社員が別にいるので、私自身は居住者に再び直接お会いする機会や、いただいた名刺を見直す機会がほとんどない」と語り、そういった名刺を奉納しにやってきたそうです。

 見ればなかなかの美人な方です。きっと男性は下心もあって渡してきたのかもしれません。ただ、本人は「お客様からいただいたものですし、シュレッダーなどで処分するのは抵抗感があるので……。業界的にもそうした名刺はどんどん溜まっていきがちですね」と複雑な心境のようです。

「名刺をデータ化していても捨てにくい」

 同じく不動産業界の法人営業職の男性は、名刺をデータ化して管理していても、「気持ち的に名刺そのものはなんとなく捨てにくい」とのことで、「今回のイベントはいい機会になった」と言います。

名刺納め祭2018
名刺を納める様子
 やはり名刺はなかなか捨てづらいというところがビジネスパーソンの本音のようですね。

「捨てられず困ったもの」第1位は名刺

 Sansanが行なった「オフィスの大掃除と名刺の管理に関するインターネット調査」では、ビジネスパーソンが「捨てられず困ったもの」第1位は、紙の書類などを抑え名刺がトップとなっています。1年の出会いを振り返りながら、晴れやかな気持ちで新年のビジネススタートさせたいというのが、参加者の胸のうちのようです。

名刺納め祭2018
名刺祈祷の様子
「名刺祈祷」では神職が参拝者のお祓いや祝詞を奏上するなど終始、神妙な雰囲気に包まれながら執り行われ、20分ほどで終了。

 今回はメディア向けの回でしたが、前部署の名刺、取引先の非担当者の名刺、データ化した名刺など、さまざまな名刺を持ってきていた人がいました。平成最後の年末にデスク周りの大掃除を考えているみなさんもぜひ参考にしてみてください。

<取材・文・撮影/伊藤綾>

参加者の男性