ミルクdragana991/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

昨年10月埼玉県桶川市の自宅マンションで当時1歳1か月だった三男に十分な食事を与えず、衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父母(ともに25)の裁判員裁判の公判が5日、さいたま地裁で行なわれた。

その場で母親が語った言葉に、ネット上で悲鳴が広がっている。

 

■ネトゲにハマるあまり…

しらべぇ既報によると、母がオンラインゲームに没頭するあまり、三男を放置して実家に帰ることが多かった一方、父親は出会い系サイトにハマっていたというこの事件。

読売オンライン」によるとこの日、母は死亡した三男のミルクの回数について、パソコンオンラインゲームにハマっていた昨年7月頃には「少なければ1日1回や、2~3回になっていた」と告白。

また、ゲームに課金しすぎた結果、お金が足りなくなり、「ミルクを薄めたこともあった」とも語ったという。

 

■「いつか亡くなる」と思っていた

また、三男が痩せていたことについては「小さいなという感じがしたが、毎日見ているので麻痺していた」「いつか亡くなると思ったが、今日明日すぐに、とは思わなかった」とコメント

衰弱死を予期していたことを明らかにした。

■「課金でミルクを薄める」に衝撃

母がミルクを薄めるに至った理由に、ネット上では衝撃が走ることに。

・ふざけるな…たかがゲームのために自分の子を殺したのか…

 

・最悪な母親だな

 

・俺も子供いるし、ゲーム好きだけどこれは考えられないわ

 

・こういうの同じゲーマーとしてクッソ腹立つ

 

ゲーム好きからも多くの批判が寄せられている状況だ。

 

■子供がいないほうがよかった?

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の子供がいる男女651名を対象に「子供に対する後悔」について調査を実施した。その結果、約4人に1人が「いないほうがよかったと思う瞬間がある」と回答。

子供

ゲームに夢中になって子育てできないのなら、なぜ産んだのか。あまりに親として、人としての自覚に欠ける行動と言わざるを得ない。

・合わせて読みたい→必ず1人少ない人数で店を予約する家族 「長男が明かした真相」に号泣者続出

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日2016年7月25日
対象:全国20代~60代の子供がいる男女651名(有効回答数)

1歳息子を衰弱死させた25歳母 「ミルクを薄めた理由」に戦慄走る