ブラック企業大賞実行委員会は2018年12月5日、「ブラック企業大賞2018」のノミネート企業9社を発表した。事務次官による女性記者へのセクハラが報道された財務省、従業員に過大なノルマを課しパワハラも行っていたスルガ銀行フィリピン人技能実習生を不正に働かせていた日立製作所・日立プランサービスなど9社がノミネートされた。

他にもジャパンビジネスラボ、三菱電機ジャパンビバレッジ東京、野村不動産、ゴンチャロフ製菓、モンテローザがノミネートされている。12月22日までウェブ投票を受け付け、23日に結果が発表される。