0_e3


 人間を軽く殺せるほどの毒を蓄えているのは植物だし、植物がなければ我々動物は生きていくことができない。植物のもつ底力はもしかしたら地球最強なのかもしれない。

 そんな植物パワーをマジマジと見せつけてくれるのは、「絞め殺しの木」だ。

 絞め殺しの木は、熱帯に分布するイチジク属や一部のつる植物の総称なのだが、その一生は他の種の犠牲によって成り立っている。

 宿主植物を絞め殺しながら成長するのだ。

―あわせて読みたい―

オーバーキルが加速する。人間を殺る気満々の10の植物
俺に触るとヤケドするぜ。イギリスで最も恐れられている有毒植物「ジャイアント・ホグウィード」(※皮膚疾患画像注意)
植物怖い。生々しい食虫植物の捕食シーンクライマックス高画質総集編映像
何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物
だから植物怖いんだって。殺傷力絶大、世界一危険な庭「ポイズン・ガーデン」へようこそ


How the fig tree strangles other plants for survival in the rainforest - David Attenborough - BBC wildlife

宿主植物を絞め殺す

 絞め殺しの木の種子は鳥やコウモリ、猿を媒介として他の木の幹や枝の割れ目に落とされ発芽する。

 発芽した絞め殺しの木はその根を地表まで伸ばしていくのだが、この時宿主となった木々に絡まるようにしてその細い根を伸ばしていく。

 根が地表深くまでたどり着くと、宿主に栄養を供給してきた根に強く張り付き締め上げていくのだ。徐々に太くなった木の幹は宿主を絞め殺すか、栄養をすべて遮断して宿主であった木を枯らしてしまうのである。

1_e14

 この方法は木々の生い茂る熱帯雨林で太陽を確保するための方法として「宿主に置き換わる」という選択肢を身に着けた絞め殺しの木が獲得した生存競争のたまものなのだ。

 こう聞くと恐ろしい種族に思うかもしれないが、絞め殺しの木は比較的少ない生物量でありながらも、自然系に多大な影響を及ぼす種族の部類である「キーストーン種」の一つと言われている。

 これは絞め殺しの木が宿主を絞め殺した後にできる内部の空洞が鳥やコウモリなどの生物の隠れ家として機能するためである。

References:Strangler fig | tree | Britannica.com/ written by riki7119 / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268425.html
 

こちらもオススメ!

―植物・菌類・微生物についての記事―

クリスマスでお馴染みの赤い植物「ポインセチア」には本当に毒があるのか?それはどの程度なのか?
国際宇宙ステーションで潜在的に危険な細菌が発見される
植物界にも動物界にも菌界にも適合しない。これまでの生物進化の道筋から外れた微生物が発見される(カナダ)
不思議の国のアリスの世界かな?キノコにバクテリアを3Dプリンターで印刷することで発電キノコが誕生(米研究)
サウロンの目かな?黒くて中に模様があるニンジン「ブラックナイトキャロット」

―知るの紹介記事―

世界初。中古品やリサイクル品だけしかないショッピングモールが誕生(スウェーデン)
あの人って実はサイコパス?科学が教えてくれるサイコパスを見分ける方法とその付き合い方
同一人物とは信じたくない。豹変にもほどがある、女性の変顔比較写真
室温で簡単に金を溶かす方法が考案される(スウェーデン研究)
ジョージ・ブッシュ元大統領の棺の前に寄り添うように横たわる介助犬の姿が全米の涙を誘う
げに恐ろしきは植物かな。他の植物を絞め殺しながら成長していく「絞め殺しの木」