静岡県藤枝市の山中で浜松市の女性看護師の遺体が見つかった事件で、死体遺棄罪などに問われた鈴木充被告(43)=名古屋市天白区原1=の初公判が6日、静岡地裁浜松支部で開かれ、鈴木被告は起訴内容を認めた。検察側は冒頭陳述で、事件後に自殺した指示役の男(当時39歳)が女性を殺害したと指摘した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら