【元記事をASCII.jpで読む】

 インテル製のNUCに、Core i3-8121UとAMD Radeon 540を採用する新モデル「NUC8I3CYSM」が発売された。

 開発コードネームCannon Lakeこと10nmプロセス製造のCPUCore i3-8121U」(2.2GHz/ターボブースト時3.2GHz/4MBスマートキャッシュ/2コア4スレッド/TDP15W)と、AMD Radeon 540(GDDR5 2GB)によるグラフィックス機能を備えるNUCの最新モデル

 製品はWindows 10 Homeがプリインストールされた完成品PCで、メモリーとしてLPDDR4 8GB(交換および増設不可)、HDDとして2.5インチSATA HDD 1TBを標準搭載する。そのほか、M.2×1のほかギガビットLAN (intel I219V)、Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac Wave 2+Bluetooth 5を装備。

 インターフェース類はHDMI 2.0b×2(4096×2160@60Hz)、3.5mm ヘッドセットジャック(フロント)、USB 3.0 (USB 3.1 Gen1) Type-A×4(フロント+リア)、SDXCスロット。電源は90W ACアダプターで電源コードは別売。サイズは117(W)×112(L)×52(H)mmとなる。

 価格は8万1500円。パソコンショップアーク、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

NUCの新モデルはCore i3-8121UとRadeon 540を搭載