入管法改正案を巡る国会論戦は、外国人労働者の受け入れを拡大する新たな仕組みの詳細な答弁を求める野党と、なりふりかまわず法改正を急ぐ政府・与党の間で、最終盤までかみ合わなかった。「改正法施行前に制度の全容を示す」(安倍晋三首相)と約束した政府は、引き続き説明責任を問われることになる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら