チャレンジカップ(GIII)で2着に3馬身差をつけて快勝したエアウィンザー(牡4、中竹和也厩舎)は放牧に出た。

「以前からポテンシャルの高さを感じていましたが、やっとしっかり結果を出すことができました。来春は馬に問題がなければ金鯱賞(3月10日中京競馬場)から大阪杯(3月31日阪神競馬場)を目指します」(辻野助手)

(取材・文:花岡貴子)